【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 立石春美

立石春美

日本画 立石春美は1908年に生まれた画家です。美人画を多く描き、その繊細で節度を持った日本美人の真髄を芸術的に描く画家として大きく評価されています。奥ゆかしい、日本らしい美学を追い求め続けたその作風の裏には美人画の巨匠である伊東深水の存在がありました。立石春美は佐賀県の出身で画家を目指して上京をしています。そしてその上京後、鏑木清方の紹介などを経て1929年に伊東深水と運命的な出会いを果たします。元々才能に溢れる立石春美であったので、伊東の教えをしっかり受け腕を上達させていきます。そして、その結果が出るのも期間はいりませんでした。伊東に師事したその翌年には、第11回の帝展において初入選という快挙を成し遂げます。この受賞をキッカケに立石春美の画家としての輝かしい人生が始まります。帝展でのその後の受賞はもちろん、新文展などにも出品を続け、精力的に行動を起こしていきます。そんな立石春美ですが、戦後からは一転して日展での出品に席を移す事になります。そんな立石春美の作品の中でも非常に有名なあ作品として「黒楽」があります。 美しく功名に描かれるその芸者の姿が美しい作品です。お茶をたしなむ、女性のおしとやかさや、凛とした力強さなど、まさしく日本美人を思わせる素晴らしい作品です。また、その色使いにも注目しなければいけません。艶やかな赤や金、さらには紫に青など一見相容れない色彩も立石春美の手にかかれば、たちまち美しく咲き誇る花のような華やかさで描かれるのです。その白く細く華奢な腕が黒く固い印象の強い茶碗をもっており、そのコントラストも楽しめる非常に深い作品なっているのです。そんな、立石春美の作品は戦後に映った日展においても多くの賞を受賞することになります。特選を重ねたのは勿論、第7回日展においては、特選に朝倉賞も受賞するなど名実とも名を馳せて行ったのです。流麗な日本美人を描き、師である伊東深水の教えを守り続けた立石春美。彼の芸術の真髄は決して揺れない芸術に対する心であったのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談