日本画 竹久夢二

竹久夢二

竹久夢二は1884年に生まれた日本画家です。大正ロマンを思わせる艶やかな作品を多く残し、未だ尚多くの人間を魅了しています。詩人としても名を世に広め、恋多き人物であることでも広く知られています。モダンでクラシックなその画風は、完全に唯一無二なものであり雑誌や玩具などのデザインにも多く仕様されています。幼少の頃には、家庭の事情などもあり、住まいを転々としていましたが、画家を志すイシを固めた竹久夢二は1901年に実家から家出を試み、結果的に上京をしています。その翌年、早稲田実業学校の美術専攻科に入学しスケッチなどを投書する日々を送っていきます。挿絵など、イラストレーションの世界から芽を伸ばして行く竹久夢二ですが、キッカケとなったのが1905年に時に友人である荒畑寒村の紹介で「直言」でコマ絵を掲載したことに始まります。その後、数々の雑誌や新聞などで風刺画を中心に挿絵を描く生活を送るようになっていきます。しかし、仕事が忙しくなったのか当時通っていた早稲田学校美術専攻科を中退します。

ロマンティスズムに溢れた彼の思想

そんな、現代のグラフィックアートの先駆けとなる存在であった竹久夢二の作品の中で、高い人気を誇っていたのが「婦人グラフ」です。当時の高級画報雑誌の中でも竹久夢二が描くアートの世界観がマッチしており、復興に向けて動き始めた日本の象徴的な存在として高く評価されていました。また、竹久夢二の創造を芸術の域まで高めるためのキッカケとして恋愛も外せませんでした。たまき・彦乃・お葉、竹久夢二がこう呼ぶ3人の女性にあてた手紙などから、生まれた作品も数多くあり、そのロマンティスズムに溢れた彼の思想は美しも、果敢ないものでした。名実ともに名を挙げていた竹久夢二は、海外にも多く外遊しており、大量のスケッチ画を描いていったそうです。しかし、若き天才アーティストとしてもてはやされた竹久夢二ですが、結核を患って50歳を目の前にしてこの世を去ります。現代の日本におけるモダンアートの先駆けとして乱世の世を駆け抜けた竹久夢二。彼の功績は計り知れない程、大きなものだったのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ