日本画 菊池容斎

菊池容斎 蒙古襲来之図

菊池容斎は1788年に生まれた日本画家です。主に幕末から明治時代の初期にかけて多くの作品を生み出し、有名になります。東京は江戸、下谷長者町で御徒の子として生まれたた菊池容斎は15歳からは西丸御徒として家を継いでいます。幼少の頃から絵画に興味を示していた菊池容斎でしたが、家柄が厳格であり父にその道を許してもらうことはありませんでした。しかし、16歳の時に描く両親の肖像画を見た父が、その素晴らしさに画家としての道も認めたのだそうです。そして、ますます絵画の魅力に魅かれていった菊池容斎は、18歳の時に当時狩野派であった高田円乗に師事しこの諸派を受け継ぐために絵画の技術を研磨していきます。しかし、順風満帆であった菊池容斎の人生にも転機が訪れます。28歳の時に父の生家が断絶してしまうと悲劇に見舞われます。そのためか、この名家の名が衰退して廃れてしまうのを恐れ妹の婿養子を取らせ河原家を継がせたことで菊池容斎は38歳で致仕することになるのです。しかし、その状況が足枷となり本当にしたかった画業に専念することができるようになり、数々の作品を描くことに没頭していきます。師である高田の死後は、自らの師を選ぶことなく、独自のあたらしい画法を信じ画家として生涯を生き抜いていくのです。さて、そんな菊池容斎の作品なのですが、歴史上に登場する人物画を得意としています。その写実性にとても高い評価があるのですが、元々有識故実の研究家あった菊池容斎であったため数々の諸書であったり名家の土器や歴史的調度品など、数多くの写生をし努力を重ねていった結果が評価を生んだそうです。その中の一作である「蒙古襲来之図」では、波や松に空、そして勢いよく溢れ変える軍兵たちを劇的なタッチと筆遣いで勢い良く描いていることで有名なのです。そんな菊池容斎の才能を美術界が放っておくはずがありません。名誉龍門賞受賞と日本画家としての大家を約束されるような名誉ある賞も受賞するほどでした。菊池容斎は中々自らの意志が通せるような楽な時代ではありませんでした。しかし、その才能を活かし、生涯画家であり続けた菊池容斎の生き様は我々に感銘を与えて続けるはずでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ