日本画 菱田春草

菱田春草

日本画・菱田春草は1874年に生まれた日本を代表する画家です。長野県に生まれた菱田春草は、本名を三男治と言い、数々の名誉ある賞を受賞する日本画家の大家として名を馳せることとなります。明治期に活躍した画家として広く知られており、明治期における日本画の革新に大きく貢献しています。幼少の頃から画家を目指していた菱田春草は、毎日のように絵を描き、将来に向けて一生懸命に努力をしていきます。その後、本格的に絵画を学ぶために上京、東京美術学校で絵画の諸技法を基礎から学び、研磨を重ねて行きます。そして卒業後は、大家を目指ししっかりとした思想を学ぼうと岡倉天心の指導の下、日本美術院に参加するなど精力的に活動を続けて行きます。斬新な画法に挑戦し、常に日本画の可能性を信じて止まなかった菱田春草は、没線主彩の絵画技法に挑戦し続けます。画面が暗濁化してしまう難しくも幻想的な技法であったこの絵画なのですが、朦朧体と批判を受けてしまうこともしばしば。 しかし、その批判にもめげることなく自らの芸術を極めて行く菱田春草は天心の言葉添えで、当時から名実ともに大きな功績を上げていた横山大観とともにインドを訪問することになります。この、訪問をキッカケに数多くの諸国を漫遊した菱田春草は、洋画の技法などもしっかりと体に覚え込ませていき、徐々に琳派の作風に傾倒していくことになったのです。そんな菱田春草は、ユニークな画風を手に入れます。ルソーを思い起こさせる優しい女性らしいタッチのものから、繊細ながら力強く芯の通った作品まで、様々です。その中でも動物を描く作品には非常に定評があります。虎鳥とジャングルを彷彿とさせる作品も、本来獰猛で危険な動物とされている虎すらも丸みを帯びた菱田春草の持つ独特な色彩と画風で描かれており、どこか懐かしくも温和な空気が流れている作品となっているのです。日本の近代美術の新しい風を切り開く菱田春草は、各方面で大きな期待を掛けられていましたが、36歳の時、慢性腎臓炎のためこの世を去ります。常に斬新なものを求めていた菱田春草。きっと彼の功績は永遠に語り継がれて行くのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ