日本画 西山英雄

日本画 西山英雄

西山英雄 峠富士

西山英雄は1911年に生まれた日本画家です。京都市に生まれた西山英雄は日本芸術院の会員も努めています。京都の画家として高く市に貢献し、1972年に京都市文化功労賞、1976年に京都日本画家協会理事長と名誉ある受賞歴があるのです。花鳥風月の基礎をしっかりと京都画壇で学んでいましたが、梅原龍三郎の持つ筆遣いに憧れていたこともあり、力強く鮮やかで豪快なタッチで作品を描き続けていきました。そんな西山英雄なのですが、幼少の頃から画家として活躍していた叔父の家に住み込んで絵画の技術に研磨をかけていきます。その後に本格的に活動を始めるために、画塾・青甲社に入塾しその後は京都私立絵画専門学校に入学し、その才能を高めて行く努力を続けて行きます。叔父譲りの高い技術を持っていた西山英雄は、在学中にもかかわらず第15回帝展に出品、そして特選を獲得するなど、その類い稀なる才能で周囲を驚かせていったのです。 1948年、この時代には数多くの日本画家が日本画の新しい未来を切り開くため、切磋琢磨して斬新な作品を生み出してく時代でした。 西山英雄は青甲社に残り、斬新な作品への思いも持ちならがら伝統的な作品なども描いています。 そして、1958年に青甲社を主宰していた叔父が亡くなり、塾生から引き継ぎをお願いされますが、自らの意志で退塾、日展に所属をおさめ力強い自由な作風で山などの自然を描きだすのです。そんな西山英雄の作品のひとつである「峠富士」なのですが、黄金のような色彩を中心に富士や他の山々を描き、実に大胆でおおらかな作品となっています。力強く、思わずフォービスムを思わせるようなこの作品は、雄大な富士をさらに大きく見せているような、雄々しい作品となっているのです。若いころから才能ある人物として扱われ、周囲に常に期待される存在であったにも関わらず、自身は自惚れることは無く、しっかりと自らの芸術作品を純粋に志すその姿は若い芸術家の見本となるでしょう。西山英雄という人物は本当に芸術のために生まれたような人間だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ