日本画 速水御舟

日本画 速水御舟

速水御舟

日本画・速水御舟は1894年に生まれた日本の画家です。大正期から昭和初期に活躍を見せます。本名は蒔田栄一、数々の秀作を生み出していきました。速水御舟飲の魅力は何といってもその描写力です。限りなく本物に近づいた繊細な写実性に、豊富な色彩など、とにかく唯一無二の大胆な作風で非常に多くの人々を魅了していくことでも有名です。天才と呼ばれ、周囲の美術ファン達の中でも非常に有名でした。東京都の浅草に生まれた速水御舟は幼少の頃から絵画に親しみ、子供ながらに絵画で生きて行くことを夢みていきます。そんな速水御舟は14歳の頃、松本楓湖が主宰している安雅堂画塾に入門をしていき、日本画の技術に研磨していくことになります。めきめきと実力を伸ばして行く速水御舟は、16歳のころに描いた作品を初めて展覧会に出品していきます。そして、その翌年に出品をした「室寿の宴」では、一等褒賞を受賞していき、なんと宮内庁の買上げとなる素晴らしい勲章を得ています。さて、そんな速水御舟なのですが京都に転居をすることになります。そこで出品した作品が、日本画の大家である横山大観や下村観山らに激賞されることになり、後の評価に繋がっていきます。その独特な天才的筆遣いで描かれた作品である「炎舞」は幽玄な雰囲気と幻想的なタッチで燃え盛る炎が燃え盛る様を描く力作です。恐ろしい印象ではなく、妖艶ながら繊細である独特の雰囲気は本当に美しく果敢ない素晴らしい作品です。この「炎舞」は重要文化財に選出された、国宝として珍重されています。花鳥図や静物画を多く残していた速水御舟は、将来、必ず日本にとって重要な画家になると美術界では大きく話題になるのですが、運命は残酷なもので速水御舟40歳の時、腸チフスのために40歳の若さを持って他界、瞬間は美術界全体が失望の心に侵されます。しかし、彼の残した功績を讃えていくために数々の作品を未だ大切に扱い、展覧会などを通し近代の日本画界にも影響を与え続けることになっていきます。孤高の天才画家として、類を見ない才能で秀作を描き続けて行った速水御舟。彼のような日本人がいたことを決して忘れてはならないのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ