日本画 金島桂華

日本画 金島桂華

金島桂華 魚心暖冬

日本画・金島桂華は広島県安那郡湯田村(現在の福山市神辺町湯野)で生まれました。本名は政太。日本画が好きな方なら彼の作品のひとつ「鯉」は一度くらい見かけているのではないでしょうか?14歳のときに関西に移り、平井直水に師事します。そして19歳で京都の竹内西鳳の門下生となりました。1914年と1923年に、鎌倉・円覚寺と京都・妙心寺で禅の修行を行いました。1925年、第6回帝展に出品した「芥子」が特選を受賞。これは桂華の代表作の一つとなります。1930年から1939年に亘り京都市立美術工芸学校にて教鞭をとります。1934年、帝展審査員に選ばれましたが、これ以降文展や新日展の審査員を務めることとなります。1959年には日本芸術院会員となり、1960年より日展理事に就任します。1966年、勲三等瑞宝章を受章。四条派に中国・宋の院体派を取り入れた、その優美な花鳥画は徹底した写実に基づいて描かれています。代表作「葡萄とダリア」(華鴒大塚美術館所蔵)は、ダリアの花と葡萄を対にして、下部に鶏を組み合わせた華やかな作品です。切手としても知られている「画室の客」(京都市美術館所蔵)は、モダンな色彩の中に犬二匹が描かれ、その独特な構図が印象的です。桂華は自ら筆をとるだけではなく、画塾「衣笠会」を主宰し、後進の育成にも尽力しました。晩年には、高野山金剛峯寺の奥之院襖絵も彼が手がけました。緻密な自然観察をもとに、四季の彩りを作品に織り込んだ桂華はまた、その鋭い眼差しを感じさせる素描類も多く残しています。日本における花鳥画の第一人者として長い期間、活躍しました。また、彼は時折、書家としても活動していたようです。日本画家として掛け軸などを中心に制作していましたが、彼の書は力強く、それでいて繊細な印象を与えます。やはり、絵画も書道も同じなのでしょうか。金島桂華という人間の持つ芸術性が強く発揮されているようなインスピレーションを受けるでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ