日本画 鈴木百年

日本画 鈴木百年

鈴木百年

日本画・鈴木百年は1825年に生まれた日本の画家です。今尾景年の師、鈴木松年の父で知られ山水画や人物画、花鳥画を得意としておりその精密な描写や美しい構図などの技術で、日本美術界の巨匠として知られています。画家を志す鈴木百年は、まず始めに円山派の大西椿年などに師事をし、研磨を重ねていきます。その後、さらにこの絵画技術を高めて行くために、京都府画学校の開設にあたって教師という立場で美術界に携わっていきます。この作風は数多くの門下に愛され、山水や花鳥画など鈴木派と呼ばれる画家が多く溢れたことでも有名です。子供のころから非常に手元が器用であったという鈴木百年は、すぐに誰かに師事したり、教わる、という方法は取らず独学で絵画を学び、その独創性を幼いながらに身につけて行った、と言われています。性格も非常に優しく温和であり、そんな性格が映し出されるような丁寧な仕事の仕方が、まさに鈴木百年を人気している一つの要因として考えて良いでしょう。そんな鈴木百年描く能の作品の「松山鏡」ですが、凛とした空間の中心に描かれる人物画もその繊細で垰やかな雰囲気が醸し出す、独特の世界観が垣間見え見ているものを魅了してしまう基調な作品です。独特の画法で描かれる、優しくも少しユーモアまでも感じてしまう作品もあります。やはり、彼の温和で数多くの人に愛される人間性がその作品を生み出すキッカケにもなっているのでしょう。美術界の大家として活躍する鈴木百年は数々の名誉ある賞も数多く受賞することになります。1882年には第1回内国絵画共進会銅印、そして第2回展では銀賞としています。さらに、画家として非常に名誉であるのが1887年の皇居造営に際した杉戸と天井画制作に参加していることでしょう。元々天文学で土御門家に使えており、父からは漢字の手ほどきも受けているということもあり、自ら描く作品に書も合わせて配しているのが特徴です。その書に関しても、非常に味わいがあり、深みのある作品として重要な位置を占める大切な存在となっているのです。日本の美術界に鈴木派、という大きな新派の美術様式を作り出した鈴木百年。彼の生きてきた世界によって、現在の美術界が大きな変化があったという事実は見過ごしてはいけないのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ