日本画 関主税

日本画 関主税

関主税 野

関主税は1919年に生まれた日本画家です。千葉県の生まれで、日展の理事長も歴任する日本画界の重鎮として広く知られています。その作品は自然の中を中心に題材を集めており、モダンな色彩で色どられる変幻自在なその独特の世界に魅了されている方は数多くいます。 関主税は幼少期のころから絵を描くことが大好きであったといい、そのまま画家を志すことも自然でした。上京した後、東京芸術学校に進学し本格的に絵画の勉強をしていきます。しかし、卒業した後、招集されて戦地へ赴きます。4年後に幅員をしています。戦地に赴いていたのにも関わらず、芸術に対する気持ちは衰えることはなく、1948年には日本画の大家であった結城素明に、そしてその紹介で中村丘陵に師事をし、失われた時間を惜しむように絵画の研磨に励むようになっていきます。その情熱は関主税を裏切ることなく、1948年の院展での「埴生の風景」が院展に初入選したことをキッカケに数々の賞を受賞しいていくことになります。日展にうつっていった後は、日展で入選、1954年と55年には連続して特選を受賞しています。さらには、画家として大きな名誉である内閣総理大臣賞も日展において受賞しているなど、名実ともに関主税の名を美術界に知らしめていくのです。そんな関主税が描く作品なのですが、自然を感動と情熱の心で描き、夜の星空や湖に映る森林など、幻想的な描写でありながらも線の細い独特な美しさと妖艶さで描いていることが特徴でしょう。さて作品「野」では、そんな関主税の作風がより如実に表れているような作品となっています。幻想的ながら、華やかな淡い色彩で光りを描き、華やかで温和な揺れ動くそよ風を感じ取れるような美しい作品となっているのが特徴となっています。見慣れた風景なのだけれども、まるで夢の世界に入り込んだような。そんな気持ちにさせてくれる美しい作品となっています。戦地に赴き、絵画に数年離れながらもその情熱を燃やし続け、素晴らしい芸術家になった関主税。自分の信じる道をしっかり踏みしめて歩き続ける、素晴らしい日本画家であったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ