日本画 田渕俊夫

     田渕俊夫 『明日香栢森』

田渕俊夫(たぶち としお)は1941年(昭和16年)に東京都江戸川区小岩に生まれた日本画家で、現在の日本画壇を代表する現在活躍中の画家である。 昭和40年3月東京藝術大学美術学部日本画科を卒業し、引き続き大学院に進級した。 その後は東京藝術大学で副学長まで務めあげ、愛知県立芸術大学などでも教鞭をふるった。 「画業40年 東京藝術大学退任記念」と題した日本橋三越の回顧展での、挨拶のパネルに書かれた言葉を紹介しておこう。 「藝大日本画科に1年浪人し、ビリから2番で入学した。そして在学中は展覧会に応募しても落選を繰りかえした」と真っ正直に学生時代を振り返っているが、卒業時に描いた「水」が大学買い上げとなって初めて世に認められた。 田淵の画の特徴のひとつは、線描の繊細で艶やかな筆使いにあるが、これはスケッチを繰り返して艱難努力した結晶であり、在学中の苦学を偲ばせる。 1976年に描いた「明日香栢森」が白黒の城にかかる新緑の木立を見事な描線で描いていて、若い頃の代表作となっている。 しかし明るい色使いの作風から、やがて墨一色の作品を描き始めるようになる。 その心境を、「色彩を使うと絵が重くなるが、墨では虚像的なリアル感が出てくる」と自ら語っている。 「永平寺の襖絵24面」がその変化を示す代表作で、片面を雲水とし、雨雲が川をなしやがて霧となって立ち上っていく生々流転の姿を力強く描いていて見事である。 最近作の「惶Ⅰ」と「惶Ⅱ」も作風の変化を証明する作品で、おどろおどろしい稲妻や竜巻を墨一色の強烈なタッチで描いた長さ10mの大作である。 これは2011年3月11日の東日本大震災の惨状に触発されて描かれた作品であるという。 「惶」という難しい漢字は「おそれ」の意味をあらわしていて、「自然に対する畏敬」の念を示している。 ⅠとⅡに描き分けたのは「天災から平穏へ」、すなわち「鎮魂と再生への希い」を表現しようとしたからではないだろうか。 ちなみに「惶Ⅱ」の右方には一本の若樹が描かれていて、再生への田淵本人の切なる祈りが込められているようである。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ