日本画買取 加藤東一

加藤東一 加藤東一は、岐阜県出身の日本画家です。伝統を大切しながらも、日本画の新しい世界を摸索しつづけ、自らの作品づくりだけでなく日本画界の発展にも尽力した人物として知られています。さて、そんな加藤東一なのですが、1916年に漆器商加藤梅太郎・ため夫妻の五男として岐阜市美殿町に生まれています。 兄が、日本画家の加藤栄三という事も関係してか加藤東一自体も、画家としての未来を夢見ることとなります。結果的に上京を果たすこととなり、東京美術学校の日本画科を卒業します。当時より才能があった事でも有名であり、第3回日展「白暮」初出品し初入選を果たすこととなります。 この入選をキッカケに、これより数々の賞を受賞しつづけていることとなります。卒業の翌年には、より技術に研鑽を積んでいくために、山口蓬春に師事をします。その甲斐があってか1952年には、第8回日展において草原が特選を受賞する事となるのです。さらには、第11回日展には砂丘に白寿賞受賞という、名実共に一流の日本画家としての地位も手に入れています。 より、制作に集中するためか1969年には藤沢市鵠沼に居住を決め、この土地にアトリエを構えて制作活動を始めます。翌年には、改組第2回日展「残照の浜」内閣総理大臣賞を受賞しており、その名声をより高めて行きます。さらには、日展出品作「女人」で日本芸術院賞受賞。日展での大きな成功を収めます。 その功績が認められた事も関係してか、日本芸術院の会員となるだけでなく、日展理事長としても抜粋されます。1991年には、第1回岐阜市民栄誉賞に選ばれます。そして、金閣寺の大書院障壁画を完成させ文化功労者としても高く評価される事となるのです。そして、享年となった1996年には、勲二等瑞宝章を獲得する事となったのです。亡くなってから、藤沢市名誉市民として讃えられ、未だなお、加藤東一の名前は大きく芸術界で知られています。日本画界の重鎮として、これからも語り継がれて行くでしょう。加藤東一の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ