【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画買取 川村曼舟
川村曼舟 美しい山水画風の作品を多く手掛けた、希代の日本画家が川村曼舟です。代表作でもある「嵐山春色」では、風に揺れる木々が幻影のように美しく流れる様子が描かれています。墨の濃淡だけで表現されるこの世界観は、画家によっては力強く、攻めの雰囲気を感じますが、川村曼舟はまた別の魅力を放ちます。 優しくどこか郷愁にかられるような、そんな魅力に溢れた作風となっており、現代でのファンが数多くいるのです。さて、そんな川村曼舟なのですが、1880年に京都に生まれています。本名は万蔵と言い、川村曼舟は号となっています。日本画家を幼少の頃から目指していた川村曼舟は、日本画の大家でもある、山元春挙に師事をして一から日本画を学んでいます。技術の基礎だけでなく、その精神性なども深く学んでおり力を身に着けていきました。 豊かな才能を持ち合わせていた事で知られる川村だけでに、1902年の新古美術品展では、三等賞を獲得しているのです。その後は、自らの後進を育て上げ日本画界を盛り上げて行くために、京都市立美術工芸学校助教諭としても活躍をしていきます。そして、1910年には教諭となり、より深く後進達へ絵画教育を進めて行きます。 そんな中でも、自らの芸術世界を追求しつづけており、1908年には文展で三等章を受賞している経歴も持ち合わせています。徐々にその実力を伸ばして行ったことも関係してか、1916年「竹生島」で特選、翌年「日本三景」で特選となる快挙を連続で成し遂げることとなります。 そして、京都市立絵画専門学校教授として迎え入れられ、最終的に校長として美術界をもり立てて行ったのです。春挙門下四天王と言われる才能を持っており、師の没後はその伝統を引き継いぐために、早苗会を主宰。1931年帝国美術院会員に、1937年帝国芸術院会員と、数々の功績を残してこの世を去りました。これからも、語り継がれる、そんな日本画家の一人です。 川村曼舟の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談