日本画 浜田観

日本画 浜田観

浜田観

日本画家 浜田観は1898年に生まれです。主に昭和期に活躍をしていった画家として有名ですが、日本芸術院で主に活動を行い会員としても広く知られています。そんな浜田観の作品は自然を見つめた、幽玄的で独創的な世界観で描かれる花鳥図を多くの残します。浜田観は幼少の頃からは、真剣に画家となることを目指していたワケではなく、大阪に出て、商業デザイナーとしての仕事に従事していきます。しかし、ここから絵画に大きく心を魅かれ始め、仕事の傍らではあったものの信濃橋洋画研究所に入塾し画の基本的な技術を学んでいくことになっていきます。本格的に画家を目指しだす浜田観は、そこから京都に上京をします。そこで、竹内栖鳳に師事をし粉骨砕身、日本画に打ち込むようになります。さらに、京都市立絵画専門学校に入学をし研磨を重ねます。基礎を多く踏んでいたことく加え、持ち前の才能に研磨がかかっていた浜田観は在学中にもかかわらず、1933年に第14回帝展に出品、さらには初入選も果たすことになります。京都市立絵画専門学校を卒業した時の浜田観は既に37歳であったものの、日本画家としてはまだまだ若手であり、精力的に絵画活動を続けることになります。その後、1940年には文展で青穹賞を受賞、戦後には日展を中心に活動し、特選などにも輝いているのです。そんな浜田観の作品は花々も中心に発表されます。淡い世界観で描かれる幽玄的な枝、そしてそこに策誇る美しくも果敢ない繊細を感じる花びらの作品。優しい光に包まれる、1本の花に白い葉など、果敢なげにささやく女性のような美しくも幻想的な雰囲気すら感じさせる独特の世界観で描かれているのです。浜田観の人柄が伝わってくるのような柔らかい、筆遣いとタッチで描かれ続けた作品は、未だに多くのファンを魅了し続けていることでも知られているのです。1974年に日本芸術院会員に選出されてからは、自らの作品だけでなく裏方としても日本の美術界に多きく貢献を続けることになるのです。遅咲きではあったものの、その独自のセンスと努力で日本画会の中心となった浜田観。彼を支えた芸術はきっと美しいものだったに違いありません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ