【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

古書 板谷桂舟

板谷桂舟

 江戸幕府に代々仕える絵師の家系を築いた男、骨董買取・板谷桂舟。
板谷桂舟は、江戸幕府に代々仕えることになる板谷家を築いた人物です。桂舟は、江戸時代中期に活躍した画家、住吉広守に弟子入りし、画家としての技術を習得していきました。住吉家は幕府に仕えていた絵師で、板谷桂舟は師匠に次ぐ形で幕府に仕える絵師の家系を築き上げました。以後、板谷桂舟の子達が幕府に仕える絵師として仕えていくことになります。板谷桂舟の作品に、有名な源氏物語を題材にした「源氏物語図」の「初音」と「胡蝶」というものがあります。この作品はどちらも源氏物語に登場する光源氏が、一層の栄華の中、物語の中で輝いていた時期を描いた作品で、美麗な雰囲気を漂わせています。
 板谷桂舟の筆遣いは、源氏物語の世界観を忠実に筆に乗せ描き込んでおり、筆の一筆一筆が繊細に描かれています。板谷桂舟は、師である住吉広守が晩年、病と高齢により幕府に仕える絵師としての仕事の続行が難しくなった折、住吉広守を助け、彼が亡くなった後は板谷姓を改め、住吉姓を受け継ぎました。このエピソードから、板谷桂舟が師を、そして自身が絵画の技術を習い、腕を磨いた住吉家を大切に思っていたことが窺えます板谷桂舟が住吉姓を受け継いだ後、彼の長男である広行がその姓を受け継いだことで、元の板谷姓へと名を改めました。板谷桂舟の家系が代々継ぐことになったのは、江戸幕府に仕える絵師という立場と、住吉家の名誉と伝統だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談