古書 森鴎外

森鴎外

明治の文豪、骨董買取・森鴎外。本名は森林太郎。彼の代表作として知られる「山椒大夫・高瀬舟」「雁」「阿部一族・舞姫」は昔から今に至るまで多くの人に読まれていますよね。鴎外の職業は小説家、評論家、翻訳家、劇作家、陸軍軍医(軍医総督=階級としては中将に相当します)、官僚など実に多種多様です。彼はロマン主義であり、高踏派でした。石見国津和野(現・島根県津和野町)出身で、東京大学の医学部を卒業。大学卒業後に陸軍軍医になり、陸軍派遣留学生として4年ドイツで学びました。帰国後には訳詩編「オモカゲ」(デビュー作)小説「舞姫」翻訳「即興詩人」を創刊して文筆活動に入りました。その後は、日清戦争の出征や小倉転勤などによって一時期は創作活動から遠ざかる時期もありましたが、「スバル」創作後に「ヰセント・セクスアリス」「雁」などを発表しました。そして明治天皇崩御、乃木希典の殉死に多大な影響を受けて、「興津弥五右衛門の遺書」を発表した後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説の世界を拓きました。晩年には史伝文学という新たなジャンルを確立しています。彼が影響された人物は、アンデルセン・ゲーテ・シェイクスピア・シラー・ハウプトマン・ショーペンハウアー・フォン・ハルトマン・夏目漱石などです。そして多くの日本の作家に影響を与えています。彼の作品はとても趣があり、文章が美しいです。鴎外は若い時代に結婚と離婚を経験しています。そして小倉時代に再婚します。母と嫁との衝突や姑問題に悩みつつ、家族の幸せの為に真面目に誠実に対応していきます。その一方では医務局長としてもその組織や人事面などでも問題を抱えていました。彼は公私のみならず、作家と軍医という二つの人生の中に身を置いて生活していました。とてもおだやかな内面を持っていた彼だからこそ、出来たんでしょうね。最後に、彼は死に及んで「石見人森 林太郎トシテ死セント欲ス」という遺言を残し、大正11年7月9日に永眠。享年60歳でした。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ