椿貞雄

椿貞雄

椿貞雄

洋画家 椿貞雄は山形県生まれです。幼い頃から画家を志し、1914年に上京した時分、丁度京橋で開催されていた岸田劉生の展覧会に心を奪われます。その衝撃は収まることはなく、後に岸田劉生に文を書き、度々互いの部屋を行き来するほど濃密な間柄になっていきました。当然、岸田劉生の画風に似てはきますが、椿貞雄の描く作品はまた岸田とは異なる、味わい深い温かさや慈愛の精神に溢れたような椿独特の作風になっているのが特徴なのです。しかし、1925年に描かれた油彩画である「村山政司の像」は当時、椿貞雄の心が完全に岸田に傾倒されていたことがわかるほどの意識された作品となって居るのも事実でしょう。その後、以前結成されていた草士社で思想的に武者小路実篤や長興善郎などに大きな影響を受けています。印象派以降のルネサンスを合い言葉に制作は行われ、その後に岸田の号令により東洋的な美術を描くため春陽会結成に参加しています。少女之絵画や風景画も多く名作を残す椿貞雄なのですが、東洋的な美術に西洋のスパイスをミックスさせた時期の作品も高い評価を得ています。1936年に描かれた「春夏秋冬極楽図」は山水画のような勢いと幻想的なタッチで描かれているのですが、画面の中で遊び回る少女達の淡く多種多様な色彩の構図がどことなく温かみを感じ、そして柔かさも兼ね備えているようにすら感じるのです。横1.6mの長さのキャンパスに描かれたこの作品は左から春夏秋冬が描かれており、所々に四季や季節を感じることのできる部位が椿貞雄の目線と技術で落とし込まれています。情緒的な作品を残した椿貞雄は日本の美術界においても高い功績を残しています。愛娘の麗子などを描いた作品は特に有名です。岸田の死後は一時制作意欲も減退していますが、晩年に掛けては特に日本画に力を向けて制作をしていました。歴史に残る作品を多く残した椿貞雄は日本において最重要人物だったのでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ