江戸火鉢

江戸火鉢

江戸火鉢

日本では古来より炭火を使った火鉢で暖を取るという習慣があります。ストーブの普及により、戦後はその姿を見かけることは少なくなりました。しかし、近年再び火鉢に対する認識は変化しつつあり、ロハスやスローライフのような考え方からライフスタイルに溶け込むインテリアとして価値を取り戻しつつあります。 江戸時代の初期頃まで、火鉢は非常に高級品でした。薪を火にくべる方法と違い、炭は煙が出ないことが特徴。つまり、火鉢は部屋の中が煙で充満することなく暖を取る手段として重宝されていたのです。したがって、大名や公家など、ある程度地位のある人たちでなければ火鉢はなかなか手に入らないと言う時代が続きました。 しかし、江戸時代から明治時代にかけて火鉢は急速に普及。一般市民でも暖を取れる方法としてその需要は戦前まで高まっていきます。 日本人に限った話ではありませんが、権威のある人は生活品であるインテリアの装飾品に力を入れたがる傾向にあります。骨董買取 江戸火鉢も例に洩れず豪華な装飾や格調高い装飾を施した道具として発達しました。例えば、彫金や陶器製の火鉢なども登場しています。 暖を取る手段だけではなく、インテリアとしての価値をも帯びた火鉢。江戸から明治時代にかけて多数のデザイン重視な作品が登場することとなったのです。 現代では、スローライフに適した形で火鉢を再現した現行品も登場しています。したがって、実際に暖を取ることが可能です。 しかし、火鉢は紹介したような経緯から、むしろ現在では骨董品としての価値も高まっています。やはり江戸時代の火鉢にはかないません。それもそのはず。時の権力者たちが自分の所有する火鉢が一番だと言わんばかりに、日本全国に存在する腕の良い職人たちに作らせた作品が集まっているのです。言い換えれば、当時の芸術作品の結晶と言っても良いのです。 自分の気に入ったデザインを見つけてコレクションに加えている人も居るくらい、江戸時代の火鉢は美しい工芸品です。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ