洋画 吉井淳二

洋画 吉井淳二

吉井淳二

100歳という年齢でありながら、美しい構図と色使いの「ロバと駆者」を描いた洋画家、吉井淳二。数々の名作をこの世に残し、多く日本美術界に貢献をし続けて行った、国内を代表する洋画家の1人として知られています。さて、そんな吉井淳二は1904年に鹿児島県曽於郡末吉町に生まれています。幼い頃より、数々の作品に触れ、絵画への興味を日々募らせていきます。そして、鹿児島県立志布志中学校をしより志を深く持ち始めます。結果、東京美術学校へ入学し、洋画科を無事卒業することになります。初期の頃の吉井淳二の作品は、荒々しさがありながらも、情景を独特のタッチで描き哀愁の漂うような雰囲気で描かれます。どこか、危なげで果無い、熟成しきれていない瑞々しさも魅力の一つかもしれません。晩年になっていくと、より写実的になり色彩も淡く熟成された作風となります。しかし、立体的な陰影の使い方な独特な作風は吉井淳二らしく、美しさの中にある強さもしっかり感じ取ることができます。二科展での活躍が中心だった吉井淳二は、その功績が認められ、1961年には二科展の理事に就任しています。そして、その立場でありながらも精力的に作品制作を続けて行き、1965年には日本芸術院賞受賞するまでとなります。この受賞をキッカケに、更に躍進を続けることとなり、1976年には、 日本芸術院会員就任、1979年には社団法人二科会理事長就任など、美術界を支える立場として活躍を続けて行きます。さらには、その日本美術への貢献度が国にも認められることとなり、1985年に文化功労者として顕彰されることに。その4年後には、文化勲章を受賞するなど、名実共に日本人洋画家としての最先端を走り抜けました。さて、白寿を迎えた翌年の3月6日。満100歳を迎えるのですが、同年11月に眠るように息を引き取ります。しかし、その100歳の時分でも作品を発表するなど、常に美術へと向き合い続けた人生を送っていたのです。日本の洋画家として、一時代を築いた重鎮、吉井淳二。彼の作った道の上を、今我々が歩んでいるのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ