洋画 吉田博

吉田博

風景画の中に情緒と詩情を大切に取り込み、独特のタッチと世界観で作品を生み出し続けたのが、洋画買取 吉田博です。その浮世絵を彷彿とさせる画風は、洋画と日本画をバランス良く融合させた吉田博ならではの世界で描かれています。1876年に久留米市に生まれた吉田博は、旧久留米藩士であった、上田束秀之の次男でした。幼少の頃より絵画を描くことに長けていた吉田博は、福岡県立修猷館に入学。その場所で教鞭をふるっていた洋画家・吉田嘉三郎に才能を見初められ、吉田家の養子として迎え入れられることとなるのです。さて、福岡県立修猷館を卒業した吉田博は、本格的に絵画の勉強をしていくために上京を果たし、京都で洋画家田村宗立に教えを乞うことになります。京都での生活の中、三宅克己に出会い、水彩画に没頭していくことになります。そして、勧めにより小山正太郎が主催する不同舎に参加していきます。活動を活発化させていく吉田博は、中川八郎と渡米。デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催し、翌年にはボストン美術館で2人展を開催し、大成功を納めています。世界で活躍を始める吉田博は、その後には、当時の洋画家会の若手の作家とともにボストン・アート・クラブで「日本画家水彩画展」を開催しています。帰国後には、新しくできた帝国美術院展覧会でも積極的に出品を続けます。そして、1924年以降になってくると、数回に渡って帝展の審査員なども努めています。さらに、この頃より山岳などをモチーフにした風景画に着手しはじめます。1920年には、渡辺木版画舗から木版画の出版を開始。葛飾北斎に強い影響を受けたと見られる富士山など、数々の秀作を生み出していました。そして、1937年には、第1回文部省美術展覧会へ「利尻姫沼」を出品。なんと、李王家買上げという名誉を手に入れます。太平洋画会会長など、数々の名誉ある職務につきながら活動を続けていった吉田博。洋画という技法を日本画に取り込む、希有な才能溢れる画家の1人だったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ