【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

洋画 森田恒友

森田恒友

森田恒友は、大正・明治期に活躍した洋画家です。南画という伝統的な手法を基本としながら、近代絵画的に蘇らせた1人として知られています。そんな森田恒友の作風は、ヨーロッパで獲得したリアリズムを基本としており、立体的なその写実表現を水墨画に活かすという新しい技法で作品を生み出し続けていました。1881年、埼玉県幡羅郡久保島村に生まれた森田恒友。幼少の頃より画家になる夢を追い続け、1901年に上京を果たしています。この上京時には、小山正太郎の主宰していた、不同舎に入り、絵画の道に研鑽を積むことを始めます。さらに、より本格的に絵画を学ぼうと心に強く誓う森田恒友は、東京美術学校へ入学をします。そこでの生活は日々刺激的であり、在学中には青木繁や坂本繁二郎などの重鎮などとも親しく親交を重ねていきます。その結果、太平洋画会研究所への参画も行っており、新しい洋画の可能性を日々探求し続けていくこととなったのです。1907になっては、山本鼎・石井柏亭らと美術誌「方寸」を編纂することとなり、活動に拍車をかけていきます。第一回文展への出品での初入選もありながら、太平洋画家展への出展も続けています。森田恒友自体、度々ヨーロッパへと渡っては絵画修行をしており、特にセザンヌの影響を強く受けることとなります。印象派の持つ写実的表現と陰影に魅せられた森田恒友は、このリアリズム的な技法を自らの解釈で日本画へ融合していきます。自由な表現を求め続けていくキッカケとなる1922年設立の春陽会からは、西洋画の技法を水墨画に活かすという新たな試みで大きな話題に。利根川など、穏やかな自然を中心に愛し、平野人と号して数々の秀作を生み出し続けていったのです。美しいだけでなく、そこにどこか郷愁を誘うような温かみも持ち合わせていた森田恒友の作品。洋画界の中でもファンが多く、その先鋭的な発想と卓越した技術で多くの人々を魅了し続けます。彼の存在あったこその現代美術。そう思わせてくれるような希有な画家っだったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談