田崎広助(たさき ひろすけ)

田崎広助(たさき ひろすけ)

1898 – 1984年大正-昭和時代の洋画家。福岡県八女郡北山村(現・八女市立花町)生まれ。本名は広次。 幼いころから絵画に関心があり、その道に進みたかったが父の反対で東京美術学校進学を断念。 1917年 福岡県師範学校(現福岡教育大学)第二部卒業 1920年 22歳で家族の反対を押し切り画家を目指して上京。本郷駒本小学校の図画教師のかたわら、同郷の坂本繁二郎に師事 1923年 関東大震災のため京都に移り、錦林小学校に勤めながら聖護院の関西美術学校に学ぶ 1924年 黒田敏と結婚 1926年 第13回二科展に『森の道』『山百合』『京都吉田山』が初入選 1932年 シベリア鉄道で渡欧。1935年までの3年間をパリ・イタリア・スペインなど周遊しながら絵を描く 1933年 サロン ドートンヌに「パリの裏町」ほか2点入選 1939年 一水会の創立に参加 1961年 「初夏の阿蘇山」「朝焼けの大山」等の連作で日本芸術院賞受賞 1967年 日本芸術院会員 1968年 勲三等瑞宝章受章 1974年 ブラジル政府コメンダドール章オフィシエ章受章 1975年 文化勲章受章、文化功労者 代表作の絵画は「初夏の阿蘇山」ほか 田崎は風景画、特に山岳風景をモチーフとした絵を多く描き、その中でも熊本の阿蘇山を題材にしたものが多く「阿蘇の田崎」とよばれた。

インパクトのある配色と大胆な構図。

豪壮でたくましい山を表現しながらも、田崎の絵は温かみのあるユーモアが感じられる筆致である。東洋的な自然への憧憬とパリ留学で受けた印象派・セザンヌの影響、日本的油絵様式を調和させ、独特の画風に変化させていった。 田崎は富士山、阿蘇山、浅間山などの作品群で圧倒した存在感を示し、「素朴で豪胆」という硬軟同居の味わいを確立した。彼の作品は、既存のどのジャンルにもあてはまることがなかった。 晩年は富士山を題材に赤富士の絵を数多く描いた。 1984年 87歳で逝去

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ