福井良之助

福井良之助 少女

福井良之助は1923年に生まれた昭和後期に活躍した洋画・版画家です。画家を志し、東京美術学校に入学しており、その後自由美術協会展で佳作賞を受賞しいています。福井良之助の名を押し上げるきっかけとなったのは孔版画作品でしょう。技術を確立させ、素晴らしい作品をいくつも残しているのが特徴です。そして、その後油彩画を中心に制作し、風景画はもちろん人物画なども多く手がけます。その独特のタッチには定評があり、特に女性を描く作品には良さが全面に散りばめられており、情緒的なマチエールで彩られるセピア色に日本画の独特な繊細さが混合する画風が評価を高く得ていました。横顔の画家として知られる福井良之助はこの作品を通じ、数多くの人間を魅了し、未だ尚素晴らしい孤高の芸術家であると高い評価を受け続けているのです。綿密なタッチで心象風景を描き続けた福井良之助ですが、特別なのはやはり独特の技法で作られた孔版画です。1957年から1965年という10年間しか制作されてこず、かなり貴重な物となっています。その作品を語るのには「少女」が良いのではないでしょうか。顔だけが突飛して大きく、疑いの無い大きな瞳で遠くを見る少女の姿が描かれた作品です。なんといってもそのセピア色に染まるマチエールが非常に哀愁を漂わせ、少女姿をくっきりと映し出します。幻想的でありながら写実性に富んだこの作品からは福井良之助の、版画に対する強い思いや願いを感じ取れるような気がしてなりません。そんな、素晴らしい作品になっているのではないでしょうか。また、油彩画になってもセピアに染まる画風は変わりません。しかし、横を向く日本人の女性の姿を描く作品などは、よりリアリスムを追求した、繊細なタッチで描かれ、凛とした張りつめた空気感を見ている側もしっかり感じることができます。福井良之助は海外への出品も多く、日本においても非常に高い評価を得ています。独自の版画技術を用いて世界へ飛び立ったその努力を我々も見習うべきでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ