古書 織田信長

古書 織田信長

織田信長

戦国時代の三英傑、骨董買取・織田信長の励ましの手紙。

 日本人なら織田信長を知らない人間はいないでしょう。学校教育の教科書でも度々登場し、日本の歴史の中で最も有名だと言っても過言ではないかと思います。織田信長は尾張の戦国大名であった織田信秀の長男としてこの世に生を受けました。若い頃は町の若者と戯れ、さらに父親の葬儀の際には、位牌に掴んだ焼香を叩きつけるなど、大うつけと呼ばれていました。ですが、それは織田信長自身が大うつけを演じていた、というのは周知の通りで、天下統一という壮大な野望に向けて彼は前進していったのです。天下統一を直前にして家臣の裏切りによって夢半ばで倒れた織田信長でしたが、戦国時代が終わる最大の要因は彼であり、織田信長という偉大な武将が存在しなければ、日本の歴史の戦国時代はさらに長く続いていたでしょう。戦国の中で激しい合戦を繰り返した織田信長でしたが、意外にも家臣であった豊臣秀吉の妻、ねねへ励ましの手紙を送ったことがあったそうです。「豊臣秀吉が浮気性であり、夫婦の仲が軋み始めてしまっている。二人の間に子供が無く、ねねは肩身の狭い思いをしている」とねねは織田信長に夫の浮気の相談をしたのです。武将に浮気の相談をするというのも珍しい話ですが、織田信長はこの相談に真摯に答え「秀吉には勿体無いほど美しいお前に落ち度は無い。全ては秀吉が悪い。だからお前はヤキモチなどせず、女房として黙って秀吉の面倒を見れば良い」という手紙を書いたのです。戦国時代を終わらせる道を切り開いた偉大な武将が浮気の相談に乗っていたとは、事実ではありますが不思議な感じもします。織田信長は少々過激な物言いや行動が多かったという話も聞きますが、家臣の妻の悩みを聞き入れ、それに助言する優しさを兼ね備えていた人物でもありました。天下統一という偉業は武力だけでは成し得ず、こうして人の悩みなどを聞き入れるような器の大きい人物でなければ、壮大な野望を達成することは出来なかったのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ