耳野卯三郎

耳野卯三郎 カラジューム

耳野卯三郎は1907年に大阪で生まれた洋画家です。画家を目指した耳野卯三郎は、1907年に東京葵橋洋画研究所に入り絵画の技術を学んでいます。そして、自らの芸術を本格的に極めて行くため、1916年に現在の東京芸術大学である、東京美術学校の西洋画科に入学を果たします。卒業度、その才能が認められ「庭にて」が帝展の特選入選、そして「静物」日展出品作品などで芸術院賞も受賞を果たします。耳野卯三郎の描く作品の多くは写実的であり、非常に隠健であるリアリズムの影響を大きく受ける作品が特徴です。鮮やかで健全なる構図で配された色彩感覚も花などもモチーフを描く際に、大きな印象を占めているのです。さて、そんな耳野卯三郎の作品でも有名な作品が1956年に制作された「カラジューム」です。中央に置かれた黒の丸テーブルの上に置かれた彫刻、そして植木鉢に入った植物が隠健な写実表現でバランス良く描かれています。さらに、奥の窓辺から入る美しい光が全体の色彩を淡くし、情緒と温和なバランスを完璧に作り上げているのです。 その写実的なマチエールで描かれた作品の多くは、晩年に行くにつれ色彩の使い方は美しく、見るものを彼の美しい世界に引きずり込むような写実性があるのです。東京美術学校の卒業後は帝展で活躍を続けていた耳野卯三郎ですが、文展、光風会など数多くの場所で活動範囲を広げていた事でも有名です。さらに、キャンパスに描く油彩作品だけではなく、童画であったり、児童雑誌などの挿絵師としても活躍し各方面から高い支持を集めていることで有名なのです。当然、彼の描く作品は大きく美術界からの評価は高く、1962年の日本芸術院賞や画家としては最高峰の勲三等瑞宝章の受賞歴もあります。そして、自らの芸術を世に広めるため、日展の運営会参事や評議会、そして最終的には理事までも勤め上げるなど、大きく日本の美術界に貢献しているのです。 数多くの素晴らしい作品を描き上げていながらも、決しておごり高ぶる事なく温かい心で多くの方に慕われ続けた耳野卯三郎は日本の美術界の要重要人物なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ