茶道具買取 ぜぜ

 焼物の一種であり、多くの派生を有するぜぜ。膳所焼と書くのが一般的で、膳所焼は茶陶の中でも品質が高く、気品溢れる美しい作品が多いことで知られる、非常に高級な陶器です。遠州七窯のひとつとしても名高く、「きれいさび」の精神が守り続けられ、今でも数多くの陶工が努力し、日々制作に励んでいます。ぜぜの特徴は、黒味を帯びた鉄釉です。美しさと重厚さを兼ね備えた、完璧に近いこの焼物は、まさに小堀遠州が愛するに値した、素晴らしいものであったのです。膳所焼は、1621年に菅沼定芳が、御用窯としてはじめたことがきっかけで焼かれ始めました。しかし、膳所というのは、この地域で且つこの時期に焼かれているものを総称する言葉であり、分類上、細かく分かれています。例えば、膳所藩領国内で安土桃山時代から江戸時代初期に焼かれていたのが、大江焼で、この陶器も膳所と呼ばれています。さらに、梅林焼、雀ケ谷焼、瀬田焼、勢多焼、国分焼も同様である、と言われています。

現在でも、多くの名品を生み出している、ぜぜ

ぜぜ

 また、御用藩主となっていった後、膳所焼は発展を遂げて行き、膳所相模川の左岸に 御用窯となった後、膳所焼は発展を遂げ、膳所相模川の左岸に別の御用窯を開窯しました。本阿弥光悦小堀遠州・松花堂昭乗という、日本を代表する茶人達との交流が大きな影響を与えており、茶器を焼いていました。次世代の膳所藩主となった石川は、遠州の指導を受け茶器焼物を作ることに力を注ぎました。徐々にその評判を広げ、美しく気品溢れる茶器を制作すると、とても評判となりました。膳所焼の隆盛は忠総治世時をピークに、その後衰退していきますが、近年、復興へ向けて尽力している人々のおかげで名声を取り戻します。現在でも、多くの名品を生み出し続けている、膳所。昔のものも含めて、ぜぜは茶道具買取でも非常に注目されているのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ