【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 一后一兆

一后一兆

 一后一兆は、石川県に生まれた蒔絵師です。輪島塗の名手でもあり、最高峰の蒔絵師としても知られています。素性はあまり現代には残されていませんが、彼の作品には多くの人々の心を動かす魅力を持っており、現在でも茶道具好きの間では高値で取引されています。棗は特に評価が高く、繊細な蒔絵を施していながらも大胆なデザインとなっており、その独特な世界観にファンが増える一方です。
 そんな一后一兆なのですが、輪島塗の最高峰と謳われるまでには、数々の苦労があったといいます。幼少、青年期と蒔絵の世界に憧れて、つらい修行を乗り越え、その結果日展など大きな展覧会などでも活躍をするようになりました。名立たる蒔絵師の中でも、独特の色彩感覚と他の絵師には無い大胆さ、そして構図力。こういった事が全て合わさって、日本のみならず世界最高峰の人物となったのです。
 一后一兆の大きな特徴といえば、間違いなくその豪華絢爛な作風ではないでしょうか。さらに、その豪華な雰囲気だけではなく、繊細で細部まで緻密にデザインされている技術力も挙げられるでしょう。 茶道具を多く制作していることも知られており、現在でも高値で販売されています。その世界観はとにかく見る者を圧倒します。棗においては、茶道具の世界でも一目置かれており、トップレベルの茶会などでも頻繁に使用されている事が知られています。この棗に施される蒔絵が豪華なことに、全て金蒔絵というのも一后一兆らしい制作方法とされています。贅の極みをいやらしく使うのではなく、技術の高さがあるからこそ、使われる素材全てが最高峰となっていったのです。
 どの作家よりも、美しくそして華やかな作品を生み出すことにこだわりを持ちつづけた作家、それが一后一兆という人物だったのです。勿論、自らの署名入りの木箱も相当貴重なものとなるので、持ち合わせている方は残されておく事をオススメします。一后一兆の作品をお持ちの方は一度茶道具買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談