茶道具買取 三島

三島といえば、数々の名物が残る日本の観光地としても知られています。しかしながら、この三島に伝統に続く焼物の伝統がある事をご存知でしょうか。それが、三島焼です。この三島では、数多くの陶器が焼かれており、その歴史は朝鮮王朝の初期の時代である。15世紀ころに渡来したと言われています。 みしま、こよみなどと記されておる茶会記が今だに残っており、実際にこの三島に焼技術が渡来していた事を裏付ける、そんな事実があったのです。さて、そんな三島焼の茶碗などですが、この三島の名が付けられたと言われているのが、伊豆国三島で版行された三嶋暦に非常に類似している、という事から付けられているようです。

様々な言われがある三島

さて、三島には様々な言われがあります。「三嶋暦説」という説までもあり、こちらも有力とされています。版木に摺られた崩し文字でもある、この三嶋歴にも似ている、見立てている、そういった理由からもあります。しかしながら、これも大阪や京都などに以前より知られている、という側面から言われていたとも言われています。 丸文字やヒゲ文字が呼称の遠因として、古い文献にも記されているという事です。三島焼が広まっていた背景には、儒教に変化していった三島半島など、そういった生活背景が手伝って普及していったようです。当時、三島の半島の至るところでこの焼物が作られており、粉青沙器または粉青などが制作されていたようです。嵌や印花、線刻、掻落などをホ通し、鉄絵など紋様も描かれていたようです。 そして、白化粧をしている美しく、可憐である仕様となっており、こういったものを総称して三島焼としているようです。三島焼で仕上げられる茶碗などの特徴としては、薄ねずみ色か灰茶色という部分が大きいと言われています。どこか品がありながらも、とても実用的で朝鮮王朝を思わせる、そんな仕上がりとなっています。今後も、茶道具買取でも三島焼は人気となっていく事でしょう。注目の焼成です。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ