【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 三島
三島といえば、数々の名物が残る日本の観光地としても知られています。しかしながら、この三島に伝統に続く焼物の伝統がある事をご存知でしょうか。それが、三島焼です。この三島では、数多くの陶器が焼かれており、その歴史は朝鮮王朝の初期の時代である。15世紀ころに渡来したと言われています。 みしま、こよみなどと記されておる茶会記が今だに残っており、実際にこの三島に焼技術が渡来していた事を裏付ける、そんな事実があったのです。さて、そんな三島焼の茶碗などですが、この三島の名が付けられたと言われているのが、伊豆国三島で版行された三嶋暦に非常に類似している、という事から付けられているようです。

様々な言われがある三島

さて、三島には様々な言われがあります。「三嶋暦説」という説までもあり、こちらも有力とされています。版木に摺られた崩し文字でもある、この三嶋歴にも似ている、見立てている、そういった理由からもあります。しかしながら、これも大阪や京都などに以前より知られている、という側面から言われていたとも言われています。 丸文字やヒゲ文字が呼称の遠因として、古い文献にも記されているという事です。三島焼が広まっていた背景には、儒教に変化していった三島半島など、そういった生活背景が手伝って普及していったようです。当時、三島の半島の至るところでこの焼物が作られており、粉青沙器または粉青などが制作されていたようです。嵌や印花、線刻、掻落などをホ通し、鉄絵など紋様も描かれていたようです。 そして、白化粧をしている美しく、可憐である仕様となっており、こういったものを総称して三島焼としているようです。三島焼で仕上げられる茶碗などの特徴としては、薄ねずみ色か灰茶色という部分が大きいと言われています。どこか品がありながらも、とても実用的で朝鮮王朝を思わせる、そんな仕上がりとなっています。今後も、茶道具買取でも三島焼は人気となっていく事でしょう。注目の焼成です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談