【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 三輪休雪

三輪休雪

 三輪窯という伝統ある窯元で代々襲名されている名が、三輪。その中でも特に活躍している人物が三輪休雪です。山口県萩市という萩焼で有名な土地で活躍し、伝統を守りながらも萩焼の新たな可能性を追求している、由緒正しき窯元です。
 三輪休雪は現在、12代まで続いており、萩焼と共に三輪の窯元も守り続けられています。三輪窯が始まったのは江戸時代寛文と言われています。萩焼の御用窯として活躍していたのですが、坂高麗左衛門も萩焼の名門で、双方が萩焼の隆盛の立役者です。三輪家の当代は全て休雪という名を襲名しており、当主を退いた後も自らの名で活動を続けているのが特徴で、三輪窯では多くの人物が長く現役として活躍しました。
 三輪窯初代の生まれは1630年であったと言われています。赤穴内蔵之助の息子として生まれ、舜陶軒休雪という名で作陶していました。毛利輝元の萩入封によって、蔵之助が萩に移住、そこで窯を開いたことから始まりました。代々、萩焼だけではなく、その当時の藩主の求めに応じて楽焼なども手掛けており、とてもフットワークが軽く、幅広い創作知識を兼ね備えた窯元でした。三輪の名を付け出したのが、9代目からで、10代目三輪休雪が特に広く知られているのではないでしょうか。山口県知事などにも数多くの焼物を献上しました。今後、三輪休雪の作品は茶道具買取でも高価買取となることは間違いないでしょう。まだまだ、目を離すことができない陶芸家です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談