【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 三輪龍作

三輪龍作

 伝統的な三輪の窯元を守り続けるのが、三輪龍作。大胆な作品だけでなく、日常的にも使える繊細な陶芸をしており、その作品群は現在においても非常に注目されています。三輪龍作は代々襲名されている名前で、12代目の人物が三輪龍作と名乗り始めました。三輪龍作は、高い技術力で豪華な作品から日常的な作品までを手掛けていた人物でもあり、茶道具買取界の中でも需要の高い陶芸家として知られています。
 生まれは、1940年の山口県萩市。萩焼の伝統的な街に生まれ、実家も陶芸の窯元だったため、幼少の頃から数多くの作品に触れていたようです。そのような環境で育ったため、自然と芸術への思いを深め、東京芸術大学大学院陶芸科に入学、基礎から研鑽を積み上げました。同校修了時の作品は、ハイヒールというタイトルのものだったようです。
 卒業から二年後に独立して、作品作りに没頭しました。早いうちから個展を開催しており、「三輪龍作の優雅な欲望展」が評判を得ました。その後も個展を開催しながら、萩市に開釜、作陶生活を本格的に開始させました。三輪の名を使いながらも、その作品はまさに現代アートであり、新しい陶芸のスタイルを確立しました。海外での評価も高く1977年には、イタリア「ファエンツァ国際陶芸展」にて賞を獲得するなど、国際的に活躍。1979年に「第8回現代日本彫刻展」を開催。芸術分野への思いが強く、国際陶芸アカデミーの会員としても活躍しました。三輪龍作の特徴としては、頻繁に個展を開催することでしょう。著名な展覧会などに無理に出品するのではなく、多くの人々に自らの作品をアピールするアプローチが特徴的です。茶道具買取でも三輪龍作は人気です。今後も注目の作家となるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談