【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 久世久宝

久世久宝

 京都府の陶芸家、久世久宝。有名な京焼の系譜で、高い功績を数々残してきた伝統ある家系として知られています。仁清写色絵付、青金襴手、染付などの技法を持つ陶芸家で、京焼の伝統を踏まえながらも独特な感覚で数多くの名作を生み出してきました。現在の久世久宝は、五代目となっており2006年に襲名しています。
 久世久宝は初代が1874年に生まれています。幕末の僧・仁渓の子として生まれ、芸術作品に触れるだけでなく、高い精神を求められる家系として鍛錬を続けていました。初期の頃は、仁浴という号で活動していました。その当時、太田垣連月と親交を深めていたということでもよく知られています。また、裏千家圓能斎に高い技術力が認められたため、久世久宝の名を拝受しています。
 京焼の伝統は勿論ですが、粟田焼もベースにした作品も作っており、数多くの名品を残しました。久世久宝の特徴としては、その色鮮やかで華やかな世界観を基調としていることです。全体的に美しいだけでなく、繊細な色づけは他には類を見ず、高度な技術を要する作風となっているのです。
 女流作家でもある久世久宝は、独特の世界観を持ち合わせた作品作りでも知られています。特に、3代目の製作した金襴手宝尽茶碗は、美しさの中にも遊び心が溢れた愛らしい作品です。茜地色を基調とした塗りの茶碗には、金で小槌や宝珠、宝やくに丁字、分銅などが描かれており、非常にモダンであり女性らしい優しさに溢れた茶碗となっています。また、この茶碗なのですが、裏には号の印が描かれており、隅々にまでこだわりが宿っていることが伝わってきます。2代目に師事していたこともあり、伝統的な作品ながらもその独自のセンスは今も古さを感じさせません。茶道具買取でも、久世久宝の作品は高価買取となります。これからの5代目の活躍にも期待が集まっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談