茶道具買取 乾山

乾山

 茶道具界で欠かすことが出来ない陶芸が乾山です。窯名としてこの名が使われており、多くの陶芸家達によって生み出される乾山は、今もなお多くの人々を魅了し続けています。乾山というのは江戸時代に陶工として活躍していた、尾形乾山の創始したものです。

数々の号を用いていた尾形乾山

 京兆逸民や華洛散人、習静堂など、数々の号を用いていた人物で、作品群はかなりの数のようです。とは言え、その作品は現在も注目されており、高価になることは間違いありません。尾形乾山は京都に生まれています。呉服商を営む実家に生まれ、権平という名を付けられました。尾形乾山の兄は、尾形光琳であることは、あまりにも有名で、芸術一家であったことも、尾形乾山の名を上げているひとつの要因でもあるのです。

二条綱平が鳴滝泉谷の山荘に窯を与えたことが、大きな転機となった

 兄である尾形光琳は、父の遺産を手に入れた後、派手な生活を続けていたようですが、尾形乾山は地味な生活を送っていたようです。陶芸は、仁清から本格的に習い、実力を上げていきました。37歳の時に、尾形兄弟の才能に目を付けていた二条綱平が京都にある、北西・鳴滝泉谷の山荘に窯を与えたことが、大きな転機となったようです。そこから、尾形乾山は作品作りに没頭するようになり、自由な発想と造形力で素晴らしい作品を手掛けました。また、尾形乾山の生み出した器に絵を付けたのが、兄である尾形光琳であるため、兄弟の合作も非常に多いようです。乾山は、茶道具買取でも高く評価されており、とても高価です。武蔵野隅田川図乱箱、白泥染付金彩芒文蓋物など、乾山を代表する作品は、現在でも大切に保管されています。今後も、数多くの陶芸家が乾山を生み出すことでしょう。どういった発展が遂げられるのか、常に注目されています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ