茶道具買取 仁清

仁清

優美で美しく、そして華やかな雰囲気を持つ作品の代表的なものと言えば、仁清でしょう。数多くの仁清写しの器などが現在でも制作されており、まだまだ人気は衰えるところを知りません。さて、そんな仁清写しなのですが、やはり仁清の元があるからこその写しとなります。では、いったいその写しとはどういったものなのでしょか。仁清を生み出した人物といえば、江戸時代初期に活躍を続けていた京都の陶芸家、野々村仁清です。野々村仁清は、丹波に生まれており、その焼き物は別名で「御室焼」「仁和寺焼」などとも言われています。

当時では珍しく、号を博していた

「御室焼」「仁和寺焼」などに記されていたのは、自らの号なのですが、実はこの号を博すという事は当時では、とても珍しい事であり、野々村仁清は陶芸家として自らの作品という事を、外に伝えた初めての人物であるとも言われています。轆轤の技術などもとても優れており、滑らかなその風合いなどを生み出す力は、現在の陶芸家でも数少ないと言われています。 仁清の作風を模した御室焼であったり、京焼などを仁清写しなどと現在では呼んでいますが、その作風は野々村仁清そのものとなっています。とはいえ、ここまで野々村仁清が有名となっており、その作品が神格化されている理由のひとつに、二代目で途絶えてしまっている、という事があります。実際、野々村仁清の2代目はあまり多くの作品を残すことはなく、初代ほどの評価を得ていなかったというように、言われています。 そういった事からも、初代の野々村仁清の存在感が非常に強く、そして今でも京焼の祖であるように、言われているのではないでしょうか。色絵輪宝羯磨文香炉や古清水色絵蓮華式香炉、色絵金銀菱文茶碗など、代表的な作品はどれも絵が美しく、肌も素直で典雅なものばかりです。当時の華やかさを象徴した、そんな野々村仁清の作品達。茶道具買取・仁清においても、まだまだ知られ続けるでしょうし、有名となっていくことに違いありません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ