【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 仁清

仁清

優美で美しく、そして華やかな雰囲気を持つ作品の代表的なものと言えば、仁清でしょう。数多くの仁清写しの器などが現在でも制作されており、まだまだ人気は衰えるところを知りません。さて、そんな仁清写しなのですが、やはり仁清の元があるからこその写しとなります。では、いったいその写しとはどういったものなのでしょか。仁清を生み出した人物といえば、江戸時代初期に活躍を続けていた京都の陶芸家、野々村仁清です。野々村仁清は、丹波に生まれており、その焼き物は別名で「御室焼」「仁和寺焼」などとも言われています。

当時では珍しく、号を博していた

「御室焼」「仁和寺焼」などに記されていたのは、自らの号なのですが、実はこの号を博すという事は当時では、とても珍しい事であり、野々村仁清は陶芸家として自らの作品という事を、外に伝えた初めての人物であるとも言われています。轆轤の技術などもとても優れており、滑らかなその風合いなどを生み出す力は、現在の陶芸家でも数少ないと言われています。 仁清の作風を模した御室焼であったり、京焼などを仁清写しなどと現在では呼んでいますが、その作風は野々村仁清そのものとなっています。とはいえ、ここまで野々村仁清が有名となっており、その作品が神格化されている理由のひとつに、二代目で途絶えてしまっている、という事があります。実際、野々村仁清の2代目はあまり多くの作品を残すことはなく、初代ほどの評価を得ていなかったというように、言われています。 そういった事からも、初代の野々村仁清の存在感が非常に強く、そして今でも京焼の祖であるように、言われているのではないでしょうか。色絵輪宝羯磨文香炉や古清水色絵蓮華式香炉、色絵金銀菱文茶碗など、代表的な作品はどれも絵が美しく、肌も素直で典雅なものばかりです。当時の華やかさを象徴した、そんな野々村仁清の作品達。茶道具買取・仁清においても、まだまだ知られ続けるでしょうし、有名となっていくことに違いありません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン