【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 今泉今右衛門

今泉今右衛門

 江戸期より、350年という長い歴史を持つ伝統の陶芸家が今泉今右衛門です。「色鍋島」を現代に伝える格式高い陶器を作り、現在でも伝統に新しいエッセンスを加えた作風の作品を発表しています。現在は、14代今泉今右衛門となっており、初代今右衛門は赤絵付をしていました。その技術が評価され今泉今右衛門家が藩の御用赤絵師として認定されたのです。また、当時の古文書などによると、今右衛門家の技術の優秀さを「本朝無類」の色絵と評価されていたそうで、当時より絵付け師としても、大きな評価を得ていたようです。こういった赤絵の陶芸家が多くなったため、藩は家督相続法をつくり、一子相伝の秘法として保護をしていました。
 12代の長男として生まれた13代は、若い頃から創作的な色鍋島を研究しています。とはいえ、伝統を軽視しては創作はあり得ない、とし「色鍋島今右衛門技術保存会」を作ります。結果、この活動が重要無形文化財の総合指定を受けることとなり、今泉今右衛門の名をまたひとつ上げる事に貢献したのです。数々の作品も評価されており、伝統工芸展での優秀賞にはじまり、日本陶芸展での秩父宮賜杯、毎日芸術賞、日本陶磁協会金賞など数々の章を受賞します。重要無形文化財「色絵磁器」保持者として、平成元年に認定されました。そして、14代目は現在も「色鍋島今右衛門技術保存会」の会長として名を馳せており、「墨色墨はじき」という技法を用いた新たな境地への作品づくりを開始し、大きく評価されています。今泉今右衛門は買取でも高く評価されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談