茶道具買取 光悦

茶道具買取 光悦

光悦

 現在の茶道具の中でも、特に格式高く、そして人気の高いのが光悦です。多くの作品を手掛けや光悦は、数多くの名工が光悦写しを制作するほど、今もなお多くの茶人や古美術商を魅了している茶人です。京都出身の本阿弥光悦の本名は多賀という名でした。 元々、本阿弥光悦の家は京都で刀の鑑定などを行う家系でした。研磨や拭いなども行っており、刀家業が幼少の頃より身近にありました。父親は、本阿弥家8代本阿弥光二で、当時の京都でも名手と言われ、非常に高い評価を得ていた人物でした。

類い稀なるセンスを持っていた本阿弥光悦

 本阿弥家8代本阿弥光二の息子として生まれた本阿弥光悦は家業と並行して茶の研究を続けていました。そのとき師事していたのが、古田織部で、かの有名な織部焼を考案した人物です。元々、類い稀なるセンスを持っていたため、家業や茶の他にも、蒔絵、書などにも才能を発揮。金蒔絵が特に有名で、優雅な作風で一世風靡し、今の世代にも受け継がれています。さらに、近衛信尹、松花堂昭乗という希代の書家達と並んで、寛永の三筆の一人としても知られており、天才芸術家として、現在でも名を馳せているのです。「国宝・楽焼片身替茶碗:銘不二山」「重文・黒楽茶碗:銘雨雲」などが代表作です。今後、光悦写しの作品は世界的に更に評価されていくはずです。茶道具買取・光悦においても非常に重要な人物です。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ