茶道具買取 八木一夫

 伝統を守るという保守的な一面もある陶芸界。この陶芸の世界に新しい風を吹き込み、アートとしての陶芸を完成させた人物こそ八木一夫でしょう。他に類を見ない造形力に、旺盛な創作活動。60歳という、陶芸家としてもまだまだ若い年齢でこの世を去ってしまい、日本陶芸界における損失のひとつと言われるほどの人物でした。

既成概念を完全に打ち破る、天才的なアプローチ

 八木一夫は大正7年に京都に生まれています。幼少の頃より、陶芸家として活躍することを夢見る日々を過ごしました。13歳の頃には、京都市立美術工芸学校彫刻科に入学、陶芸を始めとした造形物への基礎を固めました。同校卒業後、商工省陶磁器試験所に伝習生として入所。 日本陶彫協会にも入会、陶芸の知識をより深く学びました。教員として働いていましたが、昭和21年に陶芸に専念。「青年作陶家集団」に加わってから、創作活動に更に力を入れるようになりました。新陶芸運動でも活動するなど、陶芸の持つ新しい側面を追求する日々を送りました。
 陶器の実用性を排除した、完全なオブジェ作品を生み出すようになり、海外でも高い評価を獲得するようになります。黒陶という全く新しい無機質な質感の陶器を作成することで、ユーモアに溢れる素晴らしい作品を数多く生み出しました。既成概念を完全に打ち破る、天才的なアプローチの数々は、茶道具の世界でも重宝されています。現代茶道では伝統を守る作品を使う一方、全く新しい世界を築こうとする茶人も少なくありません。そういった意味でも、八木一夫の作品の存在は非常に大きなものとなっているのです。今後も茶道具買取では、八木一夫が人気作家であり続けるでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ