【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 出口王仁三郎

出口王仁三郎

  宗教家としても名を馳せる出口王仁三郎。数々の伝説を残す人物であるが故に、その生い立ちや宗教関係の部分が注目されています。しかし、出口王仁三郎は茶道具の世界においても多くの寄与をしており、出口王仁三郎は芸術家であるという見方も出来ます。
 出口王仁三郎の残した作品は、一体どういったものだったのでしょうか。ここでは、芸術家としての出口王仁三郎を紹介していきます。出口王仁三郎の作品は、日本のみならず海外からも非常に注目されています。ヨーロッパは勿論、北米でも展覧しており、世界の芸術家の心を掴んでいます。書画から陶芸に至るまで、宗教家としての心が芸術の分野でも力を発揮しているという見方をされています。
 明治4年に京都府の亀岡に生まれた出口王仁三郎は、26歳の時に神の使者に導かれ、霊的修行を行っています。そこで、救世の大使命を自覚し活動を始めました。宗教家、芸術家、思想家という括りをされていますが、実際のところは多くの顔を持っており、その活動内容は多岐に渡り、全てを網羅することは難しいです。「芸術は宗教の母なり」という言葉どおり、多くの芸術作品に全身全霊をかけて制作に取り組んでおり、書、画、短歌、陶芸と、膨大な作品群を築き上げました。その中でも、陶芸の分野で特に秀でており、耀盌と呼ばれる楽茶碗はまさに芸術作品とも呼べる、最高傑作であると人気が高いです。国内だけでなく、世界的にも有名な作品であり、現在でも多くの愛好家達の心を掴んでやみません。「販売」をするため、という作為的な作品ではなく、自らの思いを詰め込んだ作品で、それらは人々の心を打ちます。今後、茶道具買取においても強く人気を博す事でしょう。出口王仁三郎は、今だからこそ注目すべき作家なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談