【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 刷毛目

刷毛目

刷毛目は、数々の陶磁器に施す技法のひとつであり、勢いとその独特の力強さで、数多くの陶工達に扱われている技術として人気です。現在、様々な茶陶器がありますが、刷毛目が施されたものも数多く、その独特の質感や存在感は、他の茶器には無い非常に繊細なものとなっています。

名陶の実力を垣間みる事ができる技法

技法としては、刷毛で白土を塗って行くことから始ります。そして、そこに刷毛目を残しており、透明な釉薬をかけることで、質感を出す事ができます。勢いが大切となってくるこの技法自体、名陶と言われる人物達の持つ計算することができない、そんな実力を垣間みる事ができる、とても貴重なものとしても知られているのです。 さて、この刷毛目なのですが、技法の始まりとしては朝鮮半島からはじめられているという事が言われています。その技術が渡来して今に伝わり、そして、多くの陶工達がその技術を受け継いでいる、というカタチになっているのです。さて、そんな刷毛目なのですが、この技法を使って生み出される茶碗などを、刷毛目茶碗と呼んでいます。 中でも、刷毛目茶碗自体はとても有名であり、市場にも多く出回っている事で知られています。刷毛目は、高麗茶碗の一種として知られており、15世紀くらいに朝鮮一帯で焼かれていた、といわれています。その歴史は古く、三島と同様な存在で、雲鶴に次いでの古さであるとも知られているのです。刷毛目茶碗で使われるもので多いのが、鉄分の多い鼠色の素地です。この鉄分の多い鼠色の素地にカタチは浅めのものが主流です。総釉で土見ずとなっている塗の厚い仕様が特徴的でもあります。 高台自体は、竹の節となっています。高麗茶碗の持つ、素朴でありながらも気品を残すこの高級感。これこそが、茶道具買取・刷毛目茶碗の魅力なのかもしれません。実は、白磁が昔は一般庶民が使うことが出来なかったと言われており、白磁の代用として焼かれたのが、この刷毛目茶碗だっという説もあります。茶道具買取でも、とても注目される茶碗のひとつとなっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン