【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 加藤光右衛門

加藤光右衛門

 名工、加藤十右衛門の次男で、加藤家の系譜を辿る上でも重要な人物が加藤光右衛門です。美濃焼名手として晩年まで作陶生活を続けており、その高い造形力だけでなく、伝統を重んじる精神も高く評価されています。
 昭和12年に生まれており、幼少の頃より陶芸をしていた父の姿を見て育ちました。自らも陶芸家としての道を歩むと心に決め、日々陶芸の研究を休むことは無かったと言われています。高校を卒業した後に岐阜県無形文化財保持者でもあった父の加藤十右衛門に本格的に師事。美濃焼の作陶技術を一から学ぶこととなりました。作品づくりに本格的に集中していくために、笠原の地に山十窯を開きます。新たな環境で始めた作陶生活によって、豊かでありながらも、どこか現代アートに通じるような美しい作品を数々生み出していくこととなったのです。父親ゆずりの作風で、堂々かつ悠揚とした、その佇まいは見るものを圧倒し、心を動かす素晴らしいものであったと言われています。作品としては、黄瀬戸や美濃伊賀の花入、 水指、または引出し黒の茶碗などを中心として作っていきました。
 そんな彼の作品の中でも茶陶の銘品と言われているのが、瀬戸一重口水指です。瀬戸焼特有の悠揚たる姿だけでなく、その独特の色合いにも気品が宿ります。また、上蓋を別の素材にすることで絶妙なバランス感を表現し、どことなくモダンなイメージにも仕上げています。艶を出すさりげない演出に流れるようなデザイン。加藤光右衛門、いや加藤の系譜が生み出せる独特のセンスを感じさせる銘品中の銘品です。今後も、茶道具買取では有名となっていくであろう加藤光右衛門。これからも、より注目をしていくべき作家のひとりです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談