茶道具買取 加藤光右衛門

加藤光右衛門

 名工、加藤十右衛門の次男で、加藤家の系譜を辿る上でも重要な人物が加藤光右衛門です。美濃焼名手として晩年まで作陶生活を続けており、その高い造形力だけでなく、伝統を重んじる精神も高く評価されています。
 昭和12年に生まれており、幼少の頃より陶芸をしていた父の姿を見て育ちました。自らも陶芸家としての道を歩むと心に決め、日々陶芸の研究を休むことは無かったと言われています。高校を卒業した後に岐阜県無形文化財保持者でもあった父の加藤十右衛門に本格的に師事。美濃焼の作陶技術を一から学ぶこととなりました。作品づくりに本格的に集中していくために、笠原の地に山十窯を開きます。新たな環境で始めた作陶生活によって、豊かでありながらも、どこか現代アートに通じるような美しい作品を数々生み出していくこととなったのです。父親ゆずりの作風で、堂々かつ悠揚とした、その佇まいは見るものを圧倒し、心を動かす素晴らしいものであったと言われています。作品としては、黄瀬戸や美濃伊賀の花入、 水指、または引出し黒の茶碗などを中心として作っていきました。
 そんな彼の作品の中でも茶陶の銘品と言われているのが、瀬戸一重口水指です。瀬戸焼特有の悠揚たる姿だけでなく、その独特の色合いにも気品が宿ります。また、上蓋を別の素材にすることで絶妙なバランス感を表現し、どことなくモダンなイメージにも仕上げています。艶を出すさりげない演出に流れるようなデザイン。加藤光右衛門、いや加藤の系譜が生み出せる独特のセンスを感じさせる銘品中の銘品です。今後も、茶道具買取では有名となっていくであろう加藤光右衛門。これからも、より注目をしていくべき作家のひとりです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ