【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 加藤十右衛門

加藤十右衛門

 加藤十右衛門は、家系に大家と呼ばれる陶芸家を多く持つ伝統的な陶芸家のひとりです。岐阜県土岐郡笠原町、現在の多治見市の生まれであり、陶芸界でも有名な窯元で作品づくりを行いました。その作品の特徴としては、美濃大平の陶祖加藤景豊の流れを汲んでおり、優美でありながらその自由奔放な作品づくりは多くの陶芸ファンにも人気となっています。
 加藤十右衛門は陶芸界だけではなく、笠原町の町長を務めるなど、人格者としても名を馳せています。1958年には、岐阜県の無形文化財保持者に認定されるなど、地元では大きな功績を残した事でも評価されているのです。その作風は美濃桃山陶芸に影響を受けており、その伝統技法を基本としながらも、志野、黄瀬戸、織部、美濃伊賀などジャンルにとらわれない、自由な精神で作品を手がけました。戦争により大きなダメージを受けた美濃焼でしたが、美濃陶芸再興復元に尽力したことで、大きな名声を博しました。
 加藤芳右衛門加藤光右衛門、加藤弥右衛門、林英仁など、加藤十右衛門の系譜を継ぐ者達にも伝統が守られており、美濃焼の陶芸家として岐阜県が誇るべき陶芸家系となっています。1940年に、岐阜県可児市久々利大萱に八坂窯を開窯した後、多くの作品を生み出し、美濃、伊賀等の古作写しは特に有名な作品となっています。加藤十右衛門の作品の特徴としては、繊細で優美であることが挙げられます。さらに、独特の造形美が見るものの心を豊かにしてくれる、そんな魅力に溢れています。美濃焼のもつ艶かしい風合い、その魅力を加藤十右衛門なりに解釈し、モダンとも言える作品に仕立て上げる腕はさすがの一言でしょう。加藤十右衛門の作品は、茶道具買取においても非常に評価が高く、高価買取となります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談