【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 加藤唐九郎

加藤唐九郎

 茶道具買取に関しても大きな存在となっているのが、加藤唐九郎です。数々の銘品を生み出したこの名工は、現在でも業界では忘れられることのない、そんな存在として知られています。さて、そんな加藤唐九郎なのですが、多くの人々が知り得ているのは永仁の壺事件ではないでしょうか。一度は無形文化財として認定されていましたが、この事件の後にその資格を失ってしまいます。事件後は陶芸家として真面目に活動を続けました。悪評は拭いきれなかったものの、素晴らしい作品を残し名陶と謳われた希有な作家として名を残しています。
 加藤唐九郎は1897年に愛知県東春日井郡水野村に生まれており、窯業を営む加納桑次郎の子として幼少の頃よりこ陶芸の世界を知り得た環境にいたようです。1908年になると父が製陶業に専念することとなり、瀬戸町乗越に住所を移しました。自らも、そんな父の姿を見ながら陶芸家としていきて行くことを決意。中根塾に入門し、南画・漢籍などを学ぶようになっていきます。1914年には、製陶工場の一部の使用権を譲り受けることとなり、加藤唐九郎本人も本格的に陶芸家としての道を歩み始めます。
 その後、幼馴染であった5歳年下の妻、きぬと結婚をしており、ここから瀬戸系の古釜の調査や研究に没頭していくこととなります。「黄瀬戸」の中で、瀬戸焼の祖とされてきた加藤四郎景正の実在を疑ったことで大きな話題となり、過激派からの仕打ちなどで自宅が焼き討ちなどにあいます。さらには、1952年に織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定されながらも、 永仁の壺事件でその権利を剥奪。僅か、9年間という短い期間での出来事でした。しかし、陶芸の世界に広く貢献した事からも1965年には毎日芸術賞を受賞しており、茶道具買取でも加藤唐九郎の作品には、高い注目が集まっています。今後も名を残し続ける作家、加藤唐九郎。彼の人生こそ波乱にみちていたものはないでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談