茶道具買取 加藤土師萌

茶道具買取 加藤土師萌

加藤土師萌

 加藤土師萌は、1961年に人間国宝に認定された国内でも屈指の陶芸家です。東洋の陶磁器について高い見識を持っており、その知識に基づいた美しい作品には定評があります。
 加藤土師萌は1900年に愛知県瀬戸市に生まれています。幼少の頃より、瀬戸市という陶芸の街で育ったこともあり早くから陶芸に興味を持っていました。瀬戸初の創作者集団瀬戸図案研究会を設立しており、陶芸家活動に力を入れました。日野厚に陶芸図案を学び愛知県窯業学校の助手として研鑽を積みました。1926年に岐阜の美濃市に移り住み、岐阜県陶磁器試験場に勤務し、研究の傍ら、自らの作品づくりを進めます。1927年には第8回帝展に出品し、初入選を果たします。プロの陶芸家としての第一歩を歩み始めた加藤土師萌は、この受賞をきっかけに様々な功績を残しました。新文展、日展、日本伝統工芸展と様々な展覧会へ出品を続けました。
 加藤土師萌の作品は、伝統を重んじながらも、近代的な作風で話題となり、世界的に注目されていました。そして、その事実を裏付けるように1937年には、パリ万国博覧会でグランプリ受賞という快挙を成し遂げることとなったのです。1951年には、黄地紅彩が重要無形文化財と認定されます。その後も、驕り高ぶることなく、金襴手・青白磁など磁器を研究することに注力します。そして、その10年後に重要無形文化財「色絵磁器」保持者として認定され、陶芸界の大家として名を馳せます。 日本工芸会理事長就任ほか、文化財保護審議会専門委員等、東京藝術大学名誉教授など、後進への指導や陶芸界への貢献度も高く、重鎮として大きな存在となりました。茶道具買取においても、加藤土師萌の作品は常に大きな需要があります。今後も、注目すべき作家の一人として評価され続けるでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ