茶道具買取 加藤孝造

茶道具買取 加藤孝造

加藤孝造

 炎の使い手としても知られ、その高い技術力が世界にも認められている陶芸家が加藤孝造です。瀬戸黒という素晴らしい代表作を生み出した加藤孝造は茶道具買取の世界でも非常に名を馳せており、美濃地方の陶芸家の中でもトップクラスの人物と言われているのです。
 1935年に岐阜県に生まれた加藤孝造は、青年期から陶芸の世界に憧れを持ち、様々な分野で研鑽を積み上げました。そして、岐阜県陶磁器試験場に入った時に、5代加藤幸兵衛に師事をすることとなります。陶芸の基礎から精神的なものまで、様々な部分を学び取り、日々努力を続けていました。独立後には、その実力が早い段階で開花し、日本伝統工芸展初入選や日本工芸会正会員など、名誉ある賞をいくつも受賞しているのです。また、代表的な作品でもある「鉄釉花器」を出品した際には、日本伝統工芸展朝日新聞社賞を受賞し、名声を得ることとなったのです。
 自らの作品づくりにより没頭していくために、多治見市に穴窯を築き、その後に荒川豊蔵に師事をしています。今以上の技術を手に入れる努力を惜しまない研究熱心な人物像も、加藤孝造が信頼されていくきっかけとなっていったのではないでしょうか。また、功績が認められて美濃陶芸協会会長なども歴任。日本陶磁協会賞金賞だけでなく、瀬戸黒・志野・黄瀬戸の制作・伝承で伝統文化ポーラ賞優秀賞など、地域貢献にも多大な力をし尽くしたことでも知られているのです。
 瀬戸黒の技術においては、国指定重要無形文化財の保持者に認定されており、現在でも高く評価をされています。1200度という、非常に高温の窯のなかから引き出し、急激に冷さないと出ない色であり、師である荒川豊蔵から受け継いだ、非常に貴重な技術でもあるのです。加藤孝造は茶道具買取では、常に注目され需要が高い作家として有名です。加藤孝造の世界観。これが、今後どのようになっていくか気になるものです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ