茶道具買取 加藤重高

茶道具買取 加藤重高

加藤重高

   希代の大陶芸家でもある加藤唐九郎を父に持ち、その独特な作風で人気を博していた作家が加藤重高です。伝統を重んじながらも、自由な精神で数々の作品を生み出した実力が認められ、多くの素晴らしい賞を受賞しました。たくさんの作品を生み出すことでも知られており、織部・志野・黄瀬戸・唐津など茶陶を中心に製作を行いました。
 幼少の頃から陶芸の第一人者を家族に持っていたため、早くからこの世界に入ることを決めていたようです。瀬戸窯学校を卒業してからは、本格的に陶芸家を目指すために父・唐九郎唐九郎に徹底的に陶芸の基礎から応用までを学ぶこととなります。厳しい修行にも耐え、数々の作品を生み出していきます。最初の頃は芸術指向の強いオブジェなどを中心に制作していましたが、その制作過程へのアプローチを見つめ直し、結果的に大きく作品のテイストを変換します。その行動は作家生命を大きく揺るがす大事でもあったために、周囲の驚きも大きかったと言われています。
 しかし、この新しい作陶スタイルへの転換が功を奏すこととなります。それは、「刻文方壷」により日展特選を受賞することで証明されています。この受賞をきっかけに進むべき方向性を導き出す事に成功した加藤重高は、新たな境地へ。1966年日本陶磁協会賞の受賞にはじまり、日本現代工芸展現代工芸賞も受賞。そして、朝日陶芸知事賞他各展にて賞を獲得するなど、国内の陶芸家の中でも重鎮として活躍をすることとなったのです。自らの芸術をより追求していくために、1971年には個展を中心に活躍。加藤重高は茶道具買取においても、現在も注目されている作家のひとりなのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ