茶道具買取 吉向十三軒

吉向十三軒

 伊予に生まれ、京都で数々の作品を手掛けた吉向十三軒。初代の吉向治兵衛が大阪十三の地に窯を拓いたことから始まった、有名な陶工の系譜として今でも人気を維持している名陶工です。現代、八代は裏千家御出入方陶器師として活躍もしているため、茶道具の世界と密接に関わっている重要な位置を占める陶芸家となっています。出入方という、千家十職以外の職人として例外的に出入りが許される名誉ある地位でもあり、常に最高の茶道具を製作している精神と技術の高さを証明している、そんな経歴のひとつです。
 吉向十三軒の特徴としては実直であり端正であること。創造性の高さをアートという方面に押し出しておらず、敢えてミニマムで端正な作品作りに美しさを求める、実にモダンで現代的な作風が特徴となっています。椀などは勿論のこと、水指や花入、菓子器など様々な製品を手掛けていますが、その全てがモダンでミニマム。海外においても評価の高い、その研ぎすまされた陶芸へのアプローチ精神が、吉向十三軒の技術の高さを物語っています。
 治兵衛の代に、当時大阪の県令を務めていた岸本武太夫の紹介により、江戸寺社奉行水野泉守左近将監の命で、口径三尺五寸の大金魚鉢と海亀の大食籠を献上。結果、その作品が徳川将軍家の目に止まり、その後も次々と献上されていき、広く名を轟かせることとなったのです。後に文政二年吉向の二大字を揮豪、同時に拝領。吉向焼の名称となったようです。吉向十三軒の十三は初代が築窯したという十三村の地名に由来しており、文政十年片桐候に十三軒の印となって現在に至っているようです。現在では、八代吉向十三軒が伝統を守り続けており、その研ぎすまされた精神を重んじた作品を発表し続けています。茶道具買取でも、吉向十三軒の作品は需要が高いことで知られています。今後も目を離すことのできない作家のひとりとなっています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ