【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 吉羽與兵衛
[HIDE]

吉羽與兵衛

[/HIDE]  京都四条において、釜師として確かな仕事を続けている家元、吉羽與兵衛。現在では、3代目が襲名しており、その実力で多くの名品を手掛けています。初代吉羽與兵衛が生まれたのが1895年です。京都四条室町に生まれており、若くして都三条釜座の千家十職大西家13代浄長へ入門しました。幼少の頃より、釜師として活動した初代吉羽與兵衛。多くの作品を手掛けていく中で、その存在と実力は多くの人々に感動を与えました。
吉羽與兵衛は門下に入った後、日々の厳しい修行に耐え、その努力が認められ、別家を許されることとなります。1925年に與兵衛の号を受け、京釜師としての活動を始めました。裏千家淡々斎宗匠から、好みの釜作りを用命されており、その実力を発揮した作品を生み出しました。好みの作品を多く手掛けながら、自分の実力を試すために展覧会に数多く出品しました。爾来京釜の伝統を守り、実直に作品作りを続けたことに対する評価は高く、技術保存優秀作家に認定されるほど、名声を上げました。二代目にその名を譲った後、後継者の指導、小作釜の鑑定研究を続けており、生涯を釜師として活躍を続けました。
二代目吉羽與兵衛は、爾来京釜の伝統は守りながらも、現代的な作品作りへと情熱を燃やした革命者と言われています。釜作りと茶の湯の魅力をより広めるため、全国を周り、数多くの個展や講演会などを行い、その存在感を強くアピールしました。2008年には與兵衛を退き、3代目を長男に譲りました。3代目が先代に師事しながら家業釜師として、この吉羽與兵衛の存在を守り続けています。茶道具買取でも、吉羽與兵衛の作品は高価買取となります。今後の活躍にも、期待が持てる家元でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談