茶道具買取 名越浄味

名越浄味

 安土桃山時代から江戸初期にかけて、多くの名品を残した釜師が、名越浄味です。織田信長に仕えており、その作品は時代を物語ってきた、素晴らしい名品ばかりです。京都三条釜座の鋳物師棟梁としても有名であり、天下一を号していたほどでした。




造形力の高さを感じさせる作品

 西村道仁とともに京釜の草創を成していたことから、名越家の礎を築いたという大きな役割を遂げた人物としても知られています。一部の噂によると、徳川家康の釜師だったようですが、その辺りは不透明とされており、定かではありません。因みに、名越家は釜師中最古の家系で、初代七郎左衛門は北条義時ではないかという噂もあります。名越という名は、京都の名越家の家督でもあり、代々釜師としての名です。その関係は複雑であり、京都の釜師・名越善正の息子達が、京都と江戸に分かれてそれぞれで、名越家の名を継いでいるとされています。京都名越家を継いだ長男・三昌が、この浄味を名乗っているようです。その後の京都名越家の当主が代々受け継ぐ名前となり、「古浄味」という名でも呼ばれているようです。残る作品は少ないとされている代のものもありますが、駅鈴などは、非常に優れた作品であるとされ重宝されています。どこかいびつでありながらも、その作品は侘び寂びを感じさせるものとなっており、造形力の高さを感じます。 名越浄味の初期の作品の数々は、他の釜師と比べて残るものが少ないです。四方釜や常張釜、尻張釜、阿弥陀堂釜など、多くの作品を製作したようですが、確実な釜の伝世品は残っていないのでとても貴重です。「冶工京三条釜座名護屋越前少掾藤原三昌」とこの鐘の銘文に三昌と文字が刻まれているだけ、だそうです。 茶道具買取において名越浄味の作品は注目されています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ