茶道具買取 和太守卑良

 兵庫県生まれの陶芸家で、その作品の多くが伝説化されている、素晴らしい作家が和太守卑良です。数多くの名作を生み出したことでも高く評価されており、茶道の世界にも尽力したことでも有名です。和太守卑良は、幼少の頃より陶芸を愛していたようです。京都の美術学校で学び、基礎を身につけました。同校で、陶芸を学ぶ中、当時校長でもあった長崎太郎に目をかけられ、愛知県安芸の古釜の復興に従事することになりました。この経験が多くの刺激を和太守卑良に与えており、その後の作陶生活にも多大な影響を与えた、と言われています。

独創性のある手法

 和太守卑良は、同校卒業後も陶芸家としての道を諦めることなく、日々精力的な活動を続けました。日本陶芸展や日本伝統工芸展などで活躍し、一流の陶芸家としてその名を馳せました。その製法にも独創性があり、手捻りで形成するという手法をたくみに使いました。「杉紋」「雲花紋」といった嵌や線紋の絵付にも繊細な技術を詰め込んでおり、多くの名品を残しました。 様々な土を混ぜ合せることにより、幻想的な作品を生み出しました。彩土という作品は、まさに現代美術のような美しさがあります。その造形力だけでなく、独創的なアプローチが非常に高い評価を得ており、天才とまで呼ばれるように。茨城県に自分の工房を持ってから、また新しい作品へのアプローチを続けており、ファエンツァ国際陶芸展で金賞を獲得するなど、世界的にも評価が高いです。日本陶磁協会賞を受賞するなど、現代陶芸の世界で大きな貢献をした人物なのです。和太守卑良は、茶道具買取においても高評価です。今後も価格が上がるのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ