【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 和太守卑良
 兵庫県生まれの陶芸家で、その作品の多くが伝説化されている、素晴らしい作家が和太守卑良です。数多くの名作を生み出したことでも高く評価されており、茶道の世界にも尽力したことでも有名です。和太守卑良は、幼少の頃より陶芸を愛していたようです。京都の美術学校で学び、基礎を身につけました。同校で、陶芸を学ぶ中、当時校長でもあった長崎太郎に目をかけられ、愛知県安芸の古釜の復興に従事することになりました。この経験が多くの刺激を和太守卑良に与えており、その後の作陶生活にも多大な影響を与えた、と言われています。

独創性のある手法

 和太守卑良は、同校卒業後も陶芸家としての道を諦めることなく、日々精力的な活動を続けました。日本陶芸展や日本伝統工芸展などで活躍し、一流の陶芸家としてその名を馳せました。その製法にも独創性があり、手捻りで形成するという手法をたくみに使いました。「杉紋」「雲花紋」といった嵌や線紋の絵付にも繊細な技術を詰め込んでおり、多くの名品を残しました。 様々な土を混ぜ合せることにより、幻想的な作品を生み出しました。彩土という作品は、まさに現代美術のような美しさがあります。その造形力だけでなく、独創的なアプローチが非常に高い評価を得ており、天才とまで呼ばれるように。茨城県に自分の工房を持ってから、また新しい作品へのアプローチを続けており、ファエンツァ国際陶芸展で金賞を獲得するなど、世界的にも評価が高いです。日本陶磁協会賞を受賞するなど、現代陶芸の世界で大きな貢献をした人物なのです。和太守卑良は、茶道具買取においても高評価です。今後も価格が上がるのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談