【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 坂新兵衛

坂新兵衛

  歴史ある陶芸一家としても有名であり、数多くの名品を残した家系が坂新兵衛です。坂新兵衛という名で活動をしていながらも、一方では高麗左衛門という名を持っており、どちらかというと高麗左衛門のほうが通名としては浸透しています。坂新兵衛の歴史は古く、初代は1568年に生まれています。松本御用窯として系譜を守り続けていた坂新兵衛。1765年に5代目が自家についてまとめていた略系並伝書に、坂本と名乗っていたが、後に坂として名乗ったということが記載されています。
 松本御用窯は、文禄・慶長の役の時に招致された渡来陶工の李勺光と李敬、後の高麗左衛門が開窯したことに始まります。萩藩初代藩主・毛利輝元の命によって、松本村中ノ倉に造られたことからも、松本窯という名がついたということです。
 初代坂新兵衛の名は李敬でした。李敬は、2代藩主・毛利秀就から既にという名を賜っていたのですが、助八という名で活動をしていたと言われています。その後も代々松本御用窯としての活躍を続けていくのですが、3代目から坂新兵衛が使われ始めました。3代・4代・6代・8代が「新兵衛」と名乗っています。他では、2代・5代・7代は「助八」と名乗っていた事が分かっており、年代などによっても、その呼び名は多数あるようです。ちなみに、高麗左衛門という初代の名は、8代目までは誰も使っておらず、9代目以降から使われています。萩焼の伝統を守り続け、常に斬新で新たな作風を生み出した坂新兵衛。茶道具買取の世界でも、常に注目される有名な作家であり、これからも大きな話題となっていくことは間違いなさそうです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談