茶道具買取 大仲翠月

大仲翠月

 大仲翠月といえば、蒔絵漆装を世界に知らしめた功労者として名を語り継がれていることで有名です。中国楽浪時代に陶磁器に蒔絵漆装という技術が生み出され、その技術が江戸にも徐々に広がりを見せます。そして、その蒔絵漆装を江戸から世界に広めたのが初代の大仲翠月という事であり、現在でも陶芸界で大きな功績として語り継がれています。陶磁器に蒔絵漆装を施すという技術は、非常に難しく複雑な作業となり、それができる技術者は現在でも数えるほどしかいません。しかし、その技術だけでなく、美しい作風を世界も絶賛しています。また、伝統を活かし、残していくことが国内の陶芸界をより発展させていく源として重要視されています。
 代表作として知られているのが、秋草文切立長方一対大仲翠月盆栽鉢。鋭角になり過ぎない柔らかな四角い形を成していますが、その力強さは蒔絵漆装の影響が大きいと考えることができます。装飾的な草花などが繊細かつ曲線的に描かれるこの作品には、恐ろしいほどの気品すら感じさせる迫力があります。希代の蒔絵師でもある大仲翠月だからこそ成し遂げる事ができる、秀作のひとつなのではないでしょうか。
 また、銘品として知られているのが、宝漆陶でもある大仲翠月の縞蒔絵螺鈿香炉。こちらも、香炉としての働きは勿論なのですが、様々な文様を切換えして使うモダンで斬新なデザインが目を惹きます。素朴でありながらも、装飾的。しかし、気品に満ちあふれるその雰囲気と風格は他の香炉とは一線を画する独特の世界観をはなっています。上から2番目のラインに入る赤の文様や、さらには蓋の装飾的な造形。
 こういった、伝統を守りながらも遊び心を忘れない作品づくりが、いつまでも大仲翠月の魅力が伝え続けられる秘訣なのかもしれません。今後、数多くの作品が現れるとともに、注目され続けるだろう大仲翠月。彼の業に、酔いしれるのもまた一興でしょう。 大仲翠月の作品をお持ちの方は一度茶道具買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ