茶道具買取 大樋茶碗

轆轤に頼ることなく、自らの手だけで作品を生み出す技法の楽焼。その技法を各地の陶工が独自に発展させていき、全国には様々な楽焼きが存在している事でも知られています。そんな楽焼の中でも、多くのファンを持つ焼物が、大樋茶碗です。

大樋茶碗

石川県、金沢独特の焼物でもあるこの大樋茶碗。大樋長左衛門がうみだしした、この技法は、現在でも当主に橙受け継がれており、気品と優雅さ、そして悠揚たる存在感が大きな人気をあつめています。さて、そんな大樋長左衛門なのですが、キッカケとしては、裏千家4代千宗家を招いた際、長左衛門も加賀藩にやってきた事から始ります。

滑らかな光沢と艶感が特徴の大樋茶碗

長左衛門は加賀に住み陶器を作り続け、結果的に地名から大樋という姓を譲り受けた事に始ります。さて、そんな大樋茶碗なのですが、他の楽焼と大きく違っている部分としては、その艶感でしょう。素地をそのまま使ったような、井戸茶碗などとは別に、滑らかな光沢と艶感がこの大樋茶碗の大きな特徴でもあります。 技法としては、飴釉を使うことでこの質感を出すことが可能だそうです。元来、大樋長左衛門の当主が磨いているのは、その目を養う事だと言われています。技術力はもちろんなのですが、やはり重要となってくるのが、その目を養うことでしょう。一見シンプルで、余計な装飾の無い大樋茶碗は、いともすると、見よう見まねで作る事もできてしまいます。 しかしながら、その作品に込められる深い精神性を追求していく事で、より大樋長左衛門の作品は魅力的になっていくのです。かの茶人達も愛し続けている大樋長左衛門の作品は、茶碗のみならず、数多くのものがあります。とはいえ、やはり大樋長左衛門の茶碗は、一級品でもあります。手に持った時に感じることができる、暖かみとその落ち着き。茶の味を、最大限活かす技法と心が詰め込まれている大樋茶碗は、まさに芸術なのではないでしょうか。茶道具買取でも、大樋茶碗は今後注目されていくことは間違いありません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ